7
企業が女性の管理職登用などで数値目標を設定、達成した場合に助成金を支給する厚生労働省の2014年度の事業に、企業からの申請が1件もなく、予算約1億2千万円が全く執行されなかったことが27日、厚労省への取材で分かった。  当初、14年度の対象は500社に上ると見込んでいた。厚労省は「助成金支給を数値目標達成時に限定したため」 と分析。大企業などに数値目標設定を義務付ける女性活躍推進法施行を来年4月に控え、本年度から要件を一部緩和し、助成額も増やすことを決めた。10月以 降に新たな要件を示し、申請を受け付ける。(共同通信)
海外の反応をまとめました。




・とても気にかかる。


・最初から口先だけで実行する気は無かったんだよ。


・これって女性に対する侮辱では?
女性を昇進させることで企業が埋め合わせを受け取るなんて。


・性差別主義者すぎる?


・良かった。
日本では誰も西洋のフェミニストのくだらぬ考えに賛成ではないようだ。


・これは残念だ。
女性の働く権利と女性差別が酷いな。


・日本が抱える大きな問題を物語っているよ。
改革はすぐには実現しない。
そのまま続けろ。


・女性の職場進出を促進することと、女性の上級職への登用を促進することは異なる。





・私は日本の考え方が好きだ。
家庭的な文化を理由に私は日本に住みたい。


・助成金の30万円が低いというのは同意だ。
私の月収以下だ。
インセンティブとして税金を優遇するのはどうだ?


・日本では女性の重役を滅多に見かけない。


・ああ、この40年間の女性への権限付与でアメリカはより良い場所になったからな。


・これは酷いな。
女性だってハードワークの報いを受けるに値する。


・計画自体が最初から申し訳程度の努力だったんだよ。


・そのうち経営陣も女性が指導的立場にいることの恩恵に気付くだろう。

http://goo.gl/oOSiHihttp://goo.gl/ri5Rckhttps://goo.gl/YwLtAf

follow us in feedly