4
サンコー株式会社は、柄の部分に腰掛けられる傘「チェアブレラ」を発売した。価格は4,980円。 柄の部分が左右に広がり、間には座面となる布が渡してあり、座ると体を支えてくれるので、一休みするのに使うことができる。耐荷重は 約80kgあるので、多くの場合、成人男性でも対応できる。ただし、傘の先端部分1点で全体を支えるという構造上、注意事項として、滑りやすい床や固い床 などでは使わないよう記載されている。加えて、雨の日も滑りやすいため、使わないように指示されており、椅子として使いたい場合は、晴れた日を選んで持ち 出すことになる。以下略(PC Watch)
海外の反応をまとめました。



動画リンク

・おお!これは役に立つな!


・ホッピングさえ加えてくれたら、俺は納得するぞ。


・これは持っておきたい。


・実はこれは天才だぞ。
東京に2年住んでいる者としては、これは素晴らしいと思う。


・日本にはベンチが不足しているから、納得がいく。


・良いアイデアだ。
東京や東京周辺では座る場所がほとんどない。


・これはお尻が痛くなるだろ。


・ちょっと奇妙だね。


・奇妙ってどういう意味だ?
これは素晴らしいだろ。


・発明がイノベーションに繋がり、それが経済成長に繋がっていく。





・真面目な話、これは発明される必要があった。


・スコットランドでゴルファーのために、ずいぶん前にこういったモノがあったはずだ。


・う~ん、こういう類の「ハイキング用の傘」を1930年代の古いイギリス映画で見たことがあるぞ。


・「発明」か。
父親が20年前に、こういう傘を持っていたぞ。
「シューティングアンブレラ」と呼ばれていた。


・シューティングスティックだろ。
ヴィクトリア朝の時代に発明された。
全く新しい物ではない。


・俺は買うぞ。
メキシコでは官僚が酷いから、行列がたくさん作られる。


・東京ディズニーランドと広島に私たちが行った時にあったら、完璧だった。

https://goo.gl/kXWv7Ohttp://goo.gl/rxaHpEhttps://goo.gl/LtZsp0http://goo.gl/LH6g1l
日本のメーカーがベッドになるオフィスチェアを発売(海外の反応)

follow us in feedly