12
中国とインドネシアの国営企業が16日、インドネシア・ジャワ島の高速鉄道建設のための合弁会社設立で合意した。2016年初めの着工、19年の開 業を目指す。この日に参加したのは中国側1社とインドネシア側4社の計5社の建設会社など。今後は国内路線の延伸や海外への鉄道輸出にもかかわっていく。 合弁会社に対しては中国開発銀行が11月末の融資契約の締結を目指している。

 中国にとって初の高速鉄道輸出で、東南アジアでも初めての施 工となる。合弁会社はインドネシア側が6割、中国側が4割出資する。総事業費は55億ドル(約6550億円)で、75%を中国開発銀行が融資する。中国案 では首都ジャカルタからバンドンまでの距離を約150キロメートルとして、時速250~300キロメートルの車両を使い、約40分で結ぶ。以下略(日本経済新聞)

海外の反応をまとめました。



・東南アジアで初めての高速鉄道だ。


・フィリピンは、日本がインドネシアに提案した新幹線を採用するべきだ。


・中国の高速鉄道?
恐ろしいな。


・中国製の鉄道か。
まるで走る時限爆弾だね。ハハ。


・↑彼らは良いエスカレーターすら作れないからな。


・日本ではなく中国が落札したのか?
ちっ、安全第一だろ。


・乗る前に生命保険に入れ。


・賄賂はすべて支払われた。
取引は完璧だ。





・ジャカルタとバンドンの距離はたったの150kmだぞ。
そんな短い距離のために、76億ドル使って高速鉄道を建設する必要があるのか?


・↑150kmで76億ドルなら安いだろ。


・着いた後の交通渋滞は?


・シーッ!彼らにハイパーループのことは教えるなよ。

ハイパーループ (Hyperloop) とは、アメリカ合衆国の実業家のイーロン・マスクが構想を発表した次世代交通システム。2013年8月に公表された。

2016年にカリフォルニア州の州間高速道路5号線沿いの街にテスト路線の建設し、2018年を目処に旅客輸送を予定している。(ウィキペディア)


・中国製を信用するのはインドネシア人だけだ。
グッドラック。


・私だったらバンドンまで2時間かけて自分で運転していくよ。
高速道路の左右に広がる美しい風景と新鮮な空気を楽しんでね。


・高速鉄道を建設する金はあるのに、煙害を解決することは出来ないのか?


・賄賂がプロジェクト成功の鍵だ。

http://goo.gl/444ET3,https://goo.gl/BxSSS1,https://goo.gl/7g3Y82,https://goo.gl/M0jbao,https://goo.gl/Vr7n9Q,https://goo.gl/rTggzH
日本案採用せず!インドネシアが中国の高速鉄道を採用へ(海外の反応)

follow us in feedly