r
巨大な液晶画面が掲げられ、コマーシャルの音がたえまなく響くこの交差点は、日本の若者文化への入り口であり、交差点から延びる道それぞれが、有名ブランド店やクラブに通じている。多くの国民が反対の声を上げるなかで安全保障関連法案が国会で可決されてから1カ月たった日曜日、政府に対する抗議活動を続けようと、学生運動の参加者たちが渋谷駅前交差点横の広場を埋め尽くしていた。メガホンからレコードやターンテーブルまで、さまざまな物を持ち込み、洒落たストリートファッションで身を固めた参加者たちは、デモ活動、パーティー半々の午後を過ごそうと集まったかに見える。色々な演説が続き、「民主主義ってなんだ!」と壇上と群衆はコールを掛け合った。集会では、地元で人気のDJ「Chabe」がレゲエやリミックスを流し、終盤にはラップグループの「スチャダラパー」が参加し会場を沸かすなど、高いファッション性を印象付けた。まさに「アパレル・アクティビズム」なのだ。学生団体「SEALDs」が主導し、1年前から始まった抗議集会は、洗練性に気を遣い、プラカードなどもおしゃれな作りにし、メディアをうまく活用して人々の心をとらえた。以下略(BBC)
海外の反応をまとめました。



・スタイリッシュ?


・「スタイリッシュ」という言葉を辞書で調べてくれ。
ありがとう。


・俺も彼らみたいにスタイリッシュだったらなぁ。


・彼らは普通の格好をしているだろ。
こんなことに注目するのか?


・スタイリッシュ?
馬鹿なことを言うな。
彼らはただ愚かなだけだ。


・彼らが抗議を楽しむための方法を見つけたのに、どうして嫉妬するんだ?
怒りや緊迫からは良いものは産まれない。


・抗議をする者達よ、良くやった。


・私の日本人の叔父は、60年代に大学の屋上から警察に向けて火炎瓶を投げつけていた。
こんなの何でもない。


・世界中の若者たちが、当然の自由と民主主義のために目を覚ますために目を覚ましていることを嬉しく思う。





・少なくともハクティビズムではない。
ハクティビズム(hactivism)とは、ハッカーの思想。ハックティビズム(Hacktivism)とも呼ばれる。その実践者はハクティビスト(hacktivist)と呼ばれる。欧米ではHacktivismの使用例が多く、日本語ではハクティビズムの使用例が多い。(ウィキペディア)

・結局、多くの日本人は分別がある。


記事「学生の抗議活動を主導した奥田さんは政治をファッションと混合させた
↑ただの白いTシャツとバケットハットじゃないか。


・日本では、薄汚いTシャツとバケットハットがスタイリッシュなのか?


・↑最近の子供たちがスタイリッシュと呼ぶ服を見たことがあるか?
恐ろしいよ。



・↑日本人がスタイリッシュだと思う限り、問題ではない。


・酷いジャーナリズムだな。
彼らは日本の普通の格好をした若者たちだ。
問題に注目した方がいい。

https://goo.gl/FuTghe,https://goo.gl/RhcEm3,https://goo.gl/u3htBW

follow us in feedly