t
第2次世界大戦で旧日本軍の捕虜になった元米軍人の体験を基に米女優アンジェリーナ・ジョリーさんが監督した映画「アンブロークン」が来年2月に日本で公開されることが22日、決まった。主人公への虐待を繰り返す日本兵の姿が描かれており、日本での公開は難航していた。 配給会社ビターズ・エンドによると、邦題は「不屈の男 アンブロークン」。東京都渋谷区の「シアター・イメージフォーラム」を皮切りに全国で順次公開する予定。以下略(共同)
海外の反応をまとめました。



・日本にいる人は、誰もこの映画を見に行くべきではない。
なぜなら酷いからだ。


・↑最近、この映画を見た。
とても貧相な映画だった。
同意するよ。


・この映画大好き!素晴らしい仕事をした!


・とても酷い映画であることが残念だ。
テレビ映画の監督の創造性しかない。


・次回作でも私を魅了して欲しい。


・アンジェリーナの映画が憤慨と議論を巻き起こす。
これは釣りか?


・すごく期待はずれの映画だぞ。
誰か本当に気にするのか?





・ハリウッドは馬鹿馬鹿しいほどに反アジアだ。
とくに反日だ。


・日本のナショナリストたちの気分をそれほど害さなければ、我々は表現の自由を楽しむことが出来る。


・勝者が歴史を書くんだよ!
勝者はもちろん拷問や盗みはしなかった。


・素晴らしい。
でも、ベトナムやグアンタナモのような場所で、アメリカ軍によって拷問を受けた捕虜に関するハリウッドの大作映画は、いつ世界中で公開されるのかな?


・私は素晴らしい映画だと思った。
レビューがまあまあから普通であることが信じられない。
本当に良い映画だよ。


・↑本を読めよ。
本と映画には大きな隔たりがあるぞ。


・↑あ~あ!昔からある「本の方が映画よりも良い」議論ね。
誰が気にするんだ?
本は読んでいない。映画は素晴らしかった。
それだけが重要だ。

https://goo.gl/RpnBhi,http://goo.gl/nggthW
アンジーがローマ法王と面会し、バチカンでUnbrokenの鑑賞会(海外の反応)

follow us in feedly