r
[北京 22日 ロイター] 中国共産党は、党員の汚職防止の一環として、新たにゴルフや暴飲暴食などを違反項目に加えた。新華社が21日遅くに報じた。それによると、新規定は「共産党員は公私を混同せず、公的利益を優先して利他的態度で勤労に努めなければならない」と定めた。以下略
海外の反応をまとめました。




・でも、その2つは俺が大好きなことなんだが。


・ゴルフは駄目なの?
オバマに何をしろと?


・ゴルフ以外は理解できる。
とても行き当たりばったりのように感じる。


・↑本当か?
金持ちはゴルフをするというステレオに馴染がないのか?


・ゴルフだけでなく全てを禁止にする必要がある。


・ゴルフは素晴らしいスポーツだ。


・これはまた別の人権侵害の形だと思う。


・共産主義にとってゴルフは良くないのか?
何で?


・アメリカではゴルフのコース上でビジネス取引が頻繁に行われる。
中国は新しい毛の下で、新たな暗黒期に突入しようとしている。





・毛沢東主義の過激派による支配を習が防ぐ限り、私は構わないよ。


・大食はキリスト教徒とユダヤ教で七つの大罪の1つ。
共産主義者がそれを党内にも適用させた。
でも大食は自己決定によるものだ、一体どうやって判断するんだ?


・良い生活を送るには、道徳が一番であることを中国が気付きだした。


・賄賂の通用する実業家たちは、これからは卓球をするのか?


・中国は汚職を無くそうと必死だ。
フィリピンは全く何もしていない。


・私が共産主義者にならない理由がまた出来た。


Communist party(共産党)のようなパーティーは他に存在しない。


・中華バイキングは無しなのか?
パーティーの参加者から私を外しておいてくれ。

https://goo.gl/TrIXvT,https://goo.gl/XOmhyk,https://goo.gl/0q63st,http://goo.gl/SmZpp1,https://goo.gl/6xPNqk

follow us in feedly