y
ロイター通信の22日付の報道によると、日本は高速鉄道計画を獲得するため、インドに150億ドルを融資する方向で検討している。インドは日本に、 総延長505キロメートルの高速鉄道事業化調査を依頼している。この鉄道はムンバイとモディ首相の故郷であるアフマダーバードを結ぶ。 これはインド初の高速鉄道となる。共同通信によると、安倍晋三首相は今年12月にインドを訪問し、新幹線技術の採用を目指す。日本がインド向けに、鉄道建設費の80%に相当する無利子貸付を提供する見返りに、インドは日本企業から設備の30%を調達する。ロイター通信によ ると、インド鉄道当局のある幹部は「インド内閣は今後数週間で日本の案に関し、決定を下す。インド政府幹部は既存鉄道改造と新たな高速鉄道建設のどちらが 適切であるかをためらっている」と明かした。以下略(新華ニュース)
海外の反応をまとめました。



・日本はずっと誠実な友人だ。
我々の格上げを手助けしてくれる。


・日本はインドにとって重要なビジネスパートナーだ。
彼らのオファーを受け入れるべきだ。


・インドでは作れないことを考えると、悪い取引ではない。
日本は他に負けない金利を提案してくれるしね。


・夢を夢で終わらせるな!やれ!


・↑とはいえ、高速鉄道が優先事項かどうか確信が持てないな。
既存の鉄道の安全性を向上させて、速くさせることに集中するべきだ。


・インドに新幹線が必要か?


・インドはステータスシンボルとして高速鉄道を採用しようとしている。
現実的には、インドの地理的条件を考えると、高速鉄道は適切ではない。


・日本はどんな時でもインドのパートナーだ。
インドと日本の関係は、モディ政権下でかつてないほど繁栄するだろう。


・良い取引だと思う。
インドは契約を結ぶべきだ。





・これは素晴らしい。
何をモタモタしているんだ?


・日本の方が良いよな。
中国は信用できない。


・日本はインドネシアでの高速鉄道の入札で中国に負けた。
この契約を勝ち取るために、頑張るはずだ。
日本案採用せず!インドネシアが中国の高速鉄道を採用へ(海外の反応)


・日本は信頼できる国だ。
高速鉄道の契約は日本とするべきだ。
絶対に中国と契約するべきではない。


・中国が脱線させた後に日本が信頼できる線路を作ると思う。


・インド政府は金持ちだが、人々は貧乏だ。
なんという金の無駄遣い。


・日本は世界で初めて高速鉄道を造った。
最先端のテクノロジーで知られている。
何十年もインドにとって信頼の出来る支援者であり続けている。
一方の中国の鉄道は欠陥だらけだ。


・だからモディは違うんだよ。
国のために最高の相手と交渉する。


・インドと日本の友情がいつまでも続きますように。

https://goo.gl/aL1JB3,,http://goo.gl/Pamupp,http://goo.gl/xPCpkA,https://goo.gl/Jsf6HJ,https://goo.gl/yfDdIU
日本の不満に対してインドネシアが高速鉄道計画を擁護(海外の反応)

follow us in feedly