1
【11月2日 AFP】中国初の国産中距離ジェット旅客機「C919」の機体が完成し2日、中国商用飛機(COMAC)の上海(Shanghai)工場で政府・業界関係者にお披露目された。国内の航空機産業を発展させ、欧州航空機大手エアバス(Airbus)と米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)の寡占状態にある市場でシェア獲得を目指す。 狭胴型のC919は座席数168席、最大航続距離は5555キロ。COMAC上海工場で1年以上かけて組み立てが進められていた。ただ、COMACの金壮竜(Jin Zhuanglong)会長によれば、試験飛行は当初予定されていた年内ではなく、2016年になるという。また、国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)は、初飛行が2017年にずれ込む可能性があると報じている。 COMACの声明によると、既に517機を受注済み。発注元の大半は中国国内だが、タイなど海外からの注文も少数あるという。(c)AFP
海外の反応をまとめました。


動画


・メイドインチャイナの飛行機で飛べと?
ありえないな。


・他の中国製品同様に信頼できる。
ノーサンキューだ。


・中国よ、素晴らしい。
君たちは自分たちの飛行機で飛んでくれ。
私はボーイングで飛ぶから。


・もし他の中国製品のように作られていたら、一度飛行したらバラバラになるだろうな。


・誰か中国製の飛行機に乗りたいか?


・ボーイングとエアバスのジェットエンジンは、ロールスロイス製だ。
中国は自分たちで作ったのだろうか?


・↑彼らはロールスロイスと刻印されたジェットエンジンを作ることが出来る。


・ワオ!ボーイング737のクローン!


・空飛ぶ棺桶だ。


・あれに乗るくらいなら、俺は泳ぐぞ。


・タダでも乗らないよ。





・なんだかボーイングの飛行機みたいだな。
彼らは我々の音楽・映画・電子工学だけでなく、飛行機も盗んだようだ。


・笑ってはいけない。
我々はこの飛行機を買わないかもしれないが、多くの第三世界の国々は買うだろう。


・アメリカの産業はお終いだ。


・うん。中国がまたアメリカの雇用を奪った。


・A319みたいだな。
彼らはそれをC919と呼んでいる。(大爆笑)


・まるでA319とA350の赤ちゃんのようだ。


・中国にはエアバスとボーイングの飛行機がたくさなるからな。
彼らにとって、リバースエンジニアリングは簡単だ。
リバースエンジニアリング(Reverse engineering)とは、機械を分解したり、製品の動作を観察したり、ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図などの仕様やソースコードなどを調査する事である。ウィキペディア

・コピーのコピーだ。
20年前の技術を使っている。

https://goo.gl/cWp5o5,https://goo.gl/pIQu6V,http://goo.gl/hkpYbn,http://goo.gl/vC79OE
初の日本製ジェット旅客機「MRJ」がいよいよ公開へ(海外の反応)

「殲(せん)31」中国が新型ステルス機を公開(海外の反応)

follow us in feedly