u
トヨタ自動車は2016年1月に人工知能(AI)の研究開発を担う新会社を設立する。米シリコンバレーに本社を置き、5年間で10億ドル(約 1200億円)を投じる。AIにはグーグルなど米IT(情報技術)大手が重点投資している。トヨタも本格的な研究体制を整え、自動車やロボットなど幅広い 分野での応用を目指す。「AIとビッグデータが要素技術となり、生活や社会を大きく変える可能性を秘めている。自動車に加え、様々な産業を支える」。6日に開いた記者会見で、トヨタの豊田章男社長はAIの重要性を強調した。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。



・良い投資だ。
シリコンバレーの評判がさらに良くなる。


・↑ああ、世界の研究所はサンフランシスコのベイエリアにある。


・↑あそこは世界の中のポジティブな場所だ。


・人工知能に10億ドルだって?
トヨタは払い過ぎだよ。


・人々を眠らせない車に投資してくれ。


・ロボット工学が人々の生活を良くしてくれることには賛成だ。
でもコンピュータが、人の命を奪うことが出来る乗り物に、人を乗せて移動させることには納得していない。


・↑疲れた友人、もしくは酔った友人を信用するよりはマシだ。


・人工知能は常識や道徳を持てるのだろうか?
人間には、どうやら持てないようだから。





・まずはエアバッグを直す必要がある。


・人工知能か。
終わりの日へようこそ。


・こうやってターミネーターが始まる。


・人間の知能の代わりになることはない。
人工知能はタイヤ一本すら作れない。


・トヨタがロボットを造り始めてから、かなり経っている。


・何千台ものトヨタ車をISに送らないようにする方法は研究しなうのか?
米当局がトヨタを追求、イスラム国のトヨタ車入手経路について(海外の反応)


・この国に知性を注入してくれる者は、誰でも歓迎する。


・ スティーヴン・ホーキングとだけ言っておく。
車いすの天才物理学者として知られる英国のスティーヴン・ホーキング博士(72)が、人間のように考えたり学習したりする「人工知能(AI)」について、 「人類を滅ぼすことになるかもしれない」と警告した。AIが自ら猛烈なスピードで進化し暴走するという、SF映画や小説の世界では使い古されたあまりにも 陳腐な仮説だが、世界で最も優れた“頭脳”の持ち主といわれる博士の発言だけに、小さくはない衝撃が広がっている。(産経ニュース)

http://goo.gl/WQr1DC,https://goo.gl/SdVnw2,http://goo.gl/miFrIX,http://goo.gl/dChDeh,https://goo.gl/lggbHV,https://goo.gl/cgU7d4
富士通がAI活用で中国語手書き文字の認識率96.7%を実現(海外の反応)

ロボットが上司に?日立が業務指示を行う人工知能を開発(海外の反応)


follow us in feedly