5
タトゥー(入れ墨)をした人も、シールで隠せば入浴可能です―。さいたま市北区の温浴施設「おふろcafe  utatane」が、8月から始めたサービスが好評だ。若者や外国人の間では、ファッションや宗教的理由での小さなタトゥーが多くなっていることが背景に ある。訪日外国人客の増加も踏まえ、担当者は「温泉文化を多くの人に広げたい」と話す。  タトゥーを隠すために用意しているカバーシールは縦12・8センチ、横18・2センチで200円。1枚で隠れることが入浴可能な条件で、受付や脱衣場で店員がチェックする。以下略(共同通信)
海外の反応をまとめました。



・全身にタトゥーのある連中は、古代エジプトのミイラみたいになるだろう。


・俺はミイラのように入浴しないといけない。


・やったね!これでようやく私も温泉に行ける。


・これはありがたい!
何もないよりはマシだ。
これで私は温泉を楽しめる。


・私には大きすぎて覆い隠せないタトゥーがいくつかある。
でも地元にある銭湯は、自由に見せびらかすことを許してくれる。
そこで入浴する老人たちも、私に対して親切。


・すべての犯罪者がタトゥーをいれているわけではないし、タトゥーをいれている人たち全員が悪人であるわけではない。


・日本は時代と共に変わるべき。
前に進んだね。
それでも、公然とタトゥーは許されるべき。


・タトゥーのある人たちの方が、無い人たちよりもフレンドリーだよ。
心配する必要があるのは、マナーの無い人たちだよ。


・日本の古い伝統では、大きなタトゥーを入れることが、ヤクザになるための通過儀礼だったからではないだろうか。


・もし誰かがファッショナブルなデザインのシールを作ったら?





・何でもないことを差別する。
日本のスタイルだよ。


・↑暴対法が成立する前、ヤクザが入るのを防ぐためのルールだったんだよ。


・それでも馬鹿げている。
現代に追いつけよ、日本の温浴施設。
タトゥーを怖がる必要はない。


・↑ヤクザは注意を払うに値すると思う。


・↑タトゥーをいれている人たちの大多数はヤクザではない。
でも、ヤクザのせいで、タトゥーをいれている人たち全員が罰を受けることになる。
公平ではないし、日本の文化にはそういう傾向がある。


・↑タトゥーのある人たちが差別されないことを願う。
でも日本人ではない者が、伝統を現代風にしろと言うのが面白い。


・私は日本に17年住んでいて、とても幸せだ。
でもこれは本当に時代遅れだと思う。
誰にでもヤクザの刺青とタトゥーの違いは分かるはずだ。


・私は何回か断られたことがある。
でも全身にタトゥーが入っているから、理解できるよ。


・貸切の温泉に行けよ。
誰も見ないし、誰も気にしない。


・これは彼らの文化で、彼らのルールだ。
他の国には、もっと酷い習慣や方針があるだろ。

http://goo.gl/km9Avc,https://goo.gl/ZlNfLV
日本の温泉で入れ墨をしたマオリ族の女性が入浴を拒否される(外国人の反応)

入れ墨ある人、お断り?訪日客増で観光庁が日本全国を調査(海外の反応)

follow us in feedly