12
パリ中心部や郊外で起きた同時多発テロで、日本の旅行会社は14日、フランスに向かうツアー中止を相次ぎ決めた。  JTBはフランスに向かう14日と15日出発の主要なパッケージツアーを中止。パリにはツアー客300人以上が滞在しているとみられる。情報収集を進めているが、被害情報はないという。 日本旅行も、パリに滞在する約160人の安否確認を進めた。15、16両日出発のツアーの中止を決め、客に連絡した。 エイチ・アイ・エス(HIS)は、14~16日にフランスに出発するツアーをキャンセルした場合、料金を返還することを決定。ツアー自体は予定通り行う。同社には、客から現地の情報や今後の対応について問い合わせが来ているという。以下略(共同)
海外の反応をまとめました。



・過剰反応だよ。
どうしてテロリストたちに勝たせるの?
生命は進み続けないといけない。


・過剰反応では無い。
安全を優先するべきだ。


・どうしてキャンセルするんだ?
フランスに行くことでフランスを応援しよう。
今は一番安全な時だろ。


・私だったら、フランスには行かない。
どうしてリスクを冒す必要がある?


・多くの若い日本人女性がパリ症候群にならなくて済む。

パリ症候群(パリしょうこうぐん、仏: syndrome de Paris, 英: Paris syndrome)とは、異文化における適応障害の一種であり、カルチャーショックの一種。「流行の発信地」などといったイメージに憧れてパリで暮らし始めた外国人が、現地の習慣や文化などにうまく適応できずに精神的なバランスを崩し、鬱病に近い症状を訴える状態を指す精神医学用語である。(ウィキペディア)


・自分の命を危険にさらすよりも、留まる方を選ぶ。


・過剰反応じゃないよ。
いまだに逃げた一人を捜索しているしね。





・ベルギーに一人逃げたようだし、他にもいるかもしれない。
でも、ショーは続けなければならない。


・とても合理的だと思うよ。


・YesともNoとも言える。
でも警戒しないといけない。


・今となっては、もはや過剰反応だよ。
彼らは至る所に拡散した。


・今はキャンセルするときではない。
今はテロリストたちに我々はいつも通り行動することを見せる時だ。
フランスを応援しよう。


・誰が気にするんだ?
フランスを応援する人たちは、逆の行動をとる。
臆病な旅行代理店がいくつかあっても、なんの違いもない。

http://goo.gl/XW4U3X,https://goo.gl/apmcY8

follow us in feedly