9
各国の世論調査機関が加盟する「WIN―ギャラップ・インターナショナル」(本部スイス・チューリヒ)は18日、「自国のために戦う意思」があるかどうかについて、64カ国・地域で実施した世論調査の結果を発表、日本が11%で最も低かった。 欧米諸国が下位に並び、上位にはパキスタンなど情勢が不安定な国が目立った。 日本に次いで低かったのはオランダの15%で、日本と同じ第2次大戦敗戦国であるドイツが18%、ベルギー(19%)、イタリア(20%)が続いた。一方、最も高かったのはモロッコとフィジーの94%で、パキスタンとベトナムがともに89%で上位。(共同通信)
海外の反応をまとめました。


ランキング

Morocco 94%
Fiji 94%
Pakistan 89%
Vietnam 89%
Bangladesh 86%
Azerbaijan 85%
Papua New Guinea 84%
Afghanistan 76%
Georgia 76%
India 75%
Finland 74%
Turkey 73%
Philippines 73%
Thailand 72%
Armenia 72%
China 71%
Indonesia 70%
Kazakhstan 69%
Kenya 69%
Israel 66%
Lebanon 66%
Panama 64%
Malaysia 63%
Ukraine 62%
Peru 61%
Colombia 61%
Russian Federation 59%
Kosovo 58%
Mexico 56%
Palestinian territories 56%
Sweden 55%
Bosnia and Herzegovina 55%
Ecuador 54%
Greece 54%
Nigeria 50%
Brazil 48%
Poland 47%
Serbia 46%
United States 44%
Argentina 43%
South Korea 42%
Latvia 41%
Switzerland 39%
Macedonia 38%
Ireland 38%
Romania 38%
Denmark 37%
Canada 30%
Australia 29%
France 29%
Portugal 28%
United Kingdom 27%
Iceland 26%
Bulgaria 25%
Hong Kong 23%
Czech Republic 23%
Spain 21%
Austria 21%
Italy 20%
Belgium 19%
Germany 18%
Netherlands 15%
Japan 11%



・日本の人たちはとても平和主義だ。


・1000人が国民全体を代表するなんて素晴らしいね。
この調査は役に立たない。


・グループ設定で同じ質問をしてみろ。


・アメリカ人が彼らのために命を落としてまで戦ってくれるからね。
11%という数字を責めることは出来ない。
アメリカ軍を取り除け。
そうすれば数字は上がる。


・アメリカとの安全保障条約は当てにすることは出来ない。


・日本人からスマホを取り上げろ。
そうすれば戦争になる。


・それでも1300万人以上いる。


・日本の成人の11%なら、それなりの大きさの軍隊が作れる。


・どういう状況下で戦うか、戦わないのか質問したのか?
重要な問題で脅されたら、人々は何とかして戦おうとする。


・自分を守ることと相手を攻撃することは異なる。





・自国のために戦うということは、家族を守ることを意味すると考える者もいれば、外国を攻撃することを意味すると考える者もいる。



・この調査全体の方がより面白い。
ドイツは最下位近くの18%だ。
そして、ほとんどのヨーロッパ諸国は30%以下だ。


・ランキングを見てみろよ。
下位の方が良い国々だ。
ドイツや日本がいる。


・くだらないランキングだ。


・今のところ、戦うような相手がいないから、興味がないのでは?


・中国はこの数字を気に入るだろうね。


・素晴らしい。
かなり少ない兵力で、次は日本を併合することが出来るな。


・私は自国のために戦ったし、そのことを誇りに思う。

http://goo.gl/LaiyiR,https://goo.gl/ARLDMB,http://goo.gl/GvPwVB
(日本は102位)世界寄付指数2015年度版(海外の反応)

日本に好意的が71%で断トツ1位! アジア太平洋地域の好感度調査(海外の反応)

follow us in feedly