1211
フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ今季第6戦、NHK杯は27日、長野市のビッグハットで開幕。男子ショートプログラム(SP)が行われ、羽生結弦(ANA)が世界歴代最高得点となる106.33点でトップに立った。以下略(毎日新聞)
海外の反応をまとめました。



・結弦は大物だな。
なんという桁外れのスケーターなんだ。


・泣きたい!泣いて、笑って。泣いて、笑いたい!
世界記録だ!


・私は2分くらいオーマイゴッドを言い続けている。


・今日はエキサイティングな日だった。
私はナーバスだったが、喜びの悲鳴を上げてしまった。


・なんということだ!
彼はやってくれると思っていたが、自身の持つ世界記録を破ることは予想していなかった!


・結弦が成し遂げたことに本当に驚いている。


・4週間で70点から106点になった。
我々はジェットコースターに乗っている。


・結弦はすべてにおいて王様だよ。


・彼の4回転サルコウがこれほど確かなものであることに驚いている。
今シーズンは100%成功している。


・嬉しいよ。
私の予想は正しかった。
結弦は4-3回転トーループを後半に持っていきたかったんだ。





・国際スケート連盟のサイトでプロトコルが明らかになた。
彼の4-3回転トーループにはGOEが2.57加点された。
やった!


・106点を見るために私は起きた。
口をあんぐりと開けてしまった。
私の願いが通じたことに気付いた。


・結果をチェックするために真夜中に起きた。
そして私は叫んでしまった。


・オーマイゴッド!オーマイゴッド!オーマイゴッド!
世界記録だ!
興奮を抑えることが出来ない!


・ブライアンのリアクションが良かった。(笑)


・この世界記録はしばらく破られないだろう...結弦が再び破らない限りね。


・彼がフリーで200点に到達することを待っている。
彼なら出来るよ。

http://goo.gl/Cy8TT6

follow us in feedly