11111
NTTドコモは11月26日、5G技術検証実験を実施し、ミリ波の周波数帯(70GHz帯)を用いて、実際の商業施設における受信時2Gbpsを超 える無線データ伝送に成功したと発表した。10月13日に東京都港区の六本木ヒルズ森タワーでノキアソリューションズネットワークス(ノキア ネットワークス)と実験を行った。実験では、基地局アンテナを商業施設内の1カ所に設置し、基地局から30~90m離れた商業施設内の通路で携帯電話端末に相当する移動局装置を動か すことにより実施した。これまでミリ波帯の電波は、直進性が強く、減衰がより大きいことから、通信エリアが基地局からの見通しのある狭い範囲に限られ、移 動通信サービスでの利用が難しいとされてきた。以下略(マイナビニュース)
海外の反応をまとめました。



・一方、俺の住むところでは建物の中では3Gが使えない。


・3Gに金を出す余裕がない。


・5Gだって?
俺は4Gさえ使えないのに。(笑)


・わが国では、モバイルで1Mbpsの通信速度を得るのに苦労しているのに。


・日本なんて嫌いだ。(うらやましい)


・5Gはいつインドにやってくるの?


・インドでは2Gさえもまともに機能していない。
5Gについて語るのはよそう。


・一日中
Netflix。


・値段は同じなの?なら、Yesだ。


・私にとっては通信速度は問題では無い。
問題なのはデータ容量の制限だ。


・6Gが待ち遠しい。





・完全に無意味だよ。
モバイルでは3G以上必要なことなんてほとんどない。
4Gや5Gについては言うまでもない。
しかも日本のネットワークは混雑しているし、制限のある高いデータプランがある。
さらに酷いのは3日間の通信制限だ。
現在のLTEさえ有効利用出来ていない。


・接続するサーバーやサイトの通信速度が100Mbpsなら、2Gbpsなんて意味がない。


・5Gなんて全く必要ないよ。
バッテリーの寿命が、今よりさらに酷くなる。


・その速度と同じくらい、バッテリーの寿命が改善することを祈ろう。


・記事「4G LTEは驚くほど通信速度が速い。
でも最近の結果によると、5Gは物事を考えられないレベルにまで引き上げてくれる。

3.6 Gbpsの通信速度で何をしたい?
↑答えは、何もしないだ。
なぜなら、その通信速度を得るためにかなりの金を支払わないといけないからだ。


・日本がその技術力を見せている。
お疲れさま。

https://goo.gl/vAoYIl,https://goo.gl/KPWFAV,https://goo.gl/DWBuIt,http://goo.gl/1zdFmB,http://goo.gl/nE6Taz
日本ではいまだにスマホではないケータイの人気があるらしい(海外の反応)

follow us in feedly