91
ファーストリテイリングの株価が決算悪を嫌気されて、10月9日に一時、4930円安(10%強の下げ)を記録した。終値は4740円安の4万3900円。7カ月半ぶりに4万4000円を割り込んだ。 米国事業の不振長期化に加えて、屋台骨の国内のユニクロ事業も足踏み状態。既存店売り上げは製品の値上げでプラスは確保したものの、来客数の減少が続いて いる。東南アジアでは強みを発揮しているが、米国ではブランドの認知度が上がらず、特に郊外の店で苦戦を強いられている。過去に買収したブランドも低調 で、この結果、15年8月期には米国で33億円の減損を計上した。以下略(ビジネスジャーナル)
海外の反応をまとめました。



・本当に?
私が今までに購入した冬物のコートの中で、彼らの商品が一番良かったし、値段も手頃だった。
彼らの下着と吸湿発熱ウェアも素晴らしいと思う。
人々は見逃しているね。


・一体何を期待しているんだ?
西海岸以外は、誰もユニクロのことなんて知らないぞ。


・↑俺たちニューヨーカーもユニクロのことは知っているよ。
他の東海岸の州については知らないけどね。


・↑アメリカの中西部の人間だけど、ユニクロのことは初めて聞いた。


・安い衣料品に関しては、
H&Mよりもずっと良い。


・俺はユニクロの商品が好きだ。
安くて快適だから。
いつもユニクロのポロシャツを買う。


・おお!これは驚いたね。
先週、ユニクロの店に行った。
どのフロアも人で溢れかえっていたよ。


・↑混んでるからといって、儲かっているとは限らない。


・絶えず在庫を切らしていなかったら、もっと儲かっているかもね。





・みんながダウンベストを欲しがるわけでは無い。


・普通のサイズの人向けにしか作らないからだよ。



・アメリカ人は肥満で、体型は良くない。
サイズが難題なんだよ。


・手頃な値段の良い服だ。
でも他の者たちが言うように、彼らはアメリカ市場向けにサイズを調整しないといけない。
日本のユニクロの服のサイズは3XLでもアメリカでは肥満の部類に入らない(海外の反応)


・今日、モールに行ってきた。
競争が酷い。
ダウンジャケットを探していたんだが、どの店の商品も見分けがつかなかった。


・それで、彼らはいずれアメリカ市場から撤退すると思う?


・↑いいや、でも規模を縮小するだろう。


・彼らに必要なのは、もっと良いマーケティングだよ。
それと体重の重い人向けのサイズだね。
彼らの商品はとても良いし、値段もかなり手ごろだ。


・↑彼らの売るズボンはどれも私に合わない。

https://goo.gl/OlbQzs,https://goo.gl/qXbEmR,https://goo.gl/ov41Qf
日本人の働き方が変わる?ユニクロが週休3日制を導入へ(海外の反応)

follow us in feedly