15
天皇皇后両陛下が、来年1月26日から5日間の予定で、フィリピンを親善訪問されることが正式に決まりました。滞在中には日本政府が建てた慰霊碑も訪れ、太平洋戦争の戦没者の霊を慰められます。 これは4日の閣議で決まったもので、両陛下は来年、日本との国交正常化から60周年を迎えるフィリピンを、1月26日から5日間の予定で国賓として親善訪問されることになりました。
宮 内庁などによりますと、両陛下は1月26日に政府専用機で羽田をたって、フィリピンの首都マニラに到着し、翌27日、大統領府のあるマラカニアン宮殿で歓 迎式典やアキノ大統領との会見に臨むほか、歓迎の晩さん会に出席して、天皇陛下が日本とフィリピンの友好関係の発展を願うおことばを述べられる見通しで す。以下略(NHK 12月4日 11時18分
海外の反応をまとめました。



・日本とフィリピンの友好関係を強くするためだね。
ようこそ。


・2016年最初の月の素晴らしいニュースだ。


・私の記憶が正しければ、天皇陛下がフィリピンに来るのは二度目だ。
60年代だったと思う。


・彼は戦争中に天皇陛下だったのか?
それとも、戦時中の天皇陛下は彼の父親か?


・↑当時の日本の天皇陛下は、ヒロヒト(裕仁)だ。
アキヒト(明仁)の父親だ。


・反対する人もいるかもしれないが、より良い関係と経済的な理由のためだから歓迎するよ。


・全く驚きは無い。
第二次大戦前は、日本と良い関係だったからね。


・彼らがこれほど歓迎されていることに少し驚いた。


・↑日本はやり方を改めた。
今は平和を愛する国だ。





・そう遠くない昔、不幸な戦争をした。
我々が既に仲直りをしたことを望む。


・日本に帰国する時に、私も一緒に連れて帰ってください。


・また渋滞が起きる。


・我々の酷い国へようこそ。


・彼らが我々の国について何と言うのか心配だ。


・我々の友好・同盟・経済の結びつきが強くなりますように。


佳子さまに会いたい。


・いつでもフィリピンに歓迎します、陛下。
フィリピンでの旅を楽しんでください。

https://goo.gl/1vt2w5,https://goo.gl/DW9dmH,https://goo.gl/SXjxmu
天皇皇后両陛下が激戦地パラオに到着、歓迎を受ける(海外の反応)

follow us in feedly