5
フランスの広域自治体である地域圏議会選挙の第1回投票が6日行われ、内務省の開票率98%時点での集計結果によると、移民排斥を掲げる極右政党・国民戦線(FN)が全13の地域圏のうち少なくとも6地域圏で第1党となった。
 パリ同時テロを受け、治安問題への関心が高まったことが追い風になったとみられ、ルモンド紙(電子版)は「歴史的な結果」と伝えている。
 全国の得票率はFNが約28%で首位。最大野党・共和党を含む右派連合が約27%で続き、オランド大統領率いる与党・社会党の左派連合は約23%の3位 と劣勢を強いられた。FNのルペン党首は「素晴らしい結果だ」と評価し、社会党のカンバデリス第1書記は「同時テロの影響が大きかった」と敗因を分析し た。以下略(時事通信)
海外の反応をまとめました。





・どの国も自分たちのことを守らなければいけなくなるまでは、リベラル派が大好きだよ。
でも、それから保守派が台頭する。


・リベラル派の政党が人々の声を聞くことを拒絶すると、こういうことが起きる。


・願わくば、このトレンドが次のアメリカの選挙でも続いて欲しい。


・フランス人は経験から学んだな。
彼らにとって良いことだ。


・↑フランスはイスラム恐怖症に陥ることになる。


・フランスにとって良いニュースだ。
フランスはようやく目を覚ました。
もう手遅れかもしれないが。
遅いよりもやらないよりはマシだ。


・↑国粋主義が良いことだと?
我々は70年前に国粋主義を止めるために大きな戦争をしたのに。


・今晩、フランス人であることを恥じる。


・フランスでのテロ事件の直後だ。
恐怖と怒りは人々を極右に走らせる。


・国民戦線は極右すぎる。
でもヨーロッパの左派は人々をかなり裏切ったから、彼らを非難することは出来ない。





・驚きはない。
みんながEUと彼らの反民主的な統治に反対し始めると思う。


・アメリカにも国粋主義の政党があったらなぁ。


・↑我々にはトランプがいる。


・つまり、将来フランスでさらに過激派を目撃することになるのか?


・地方選ってどれくらい重要なの?


・↑大したことない。
2017年に行われる次の大統領選の指針になるだけだ。


・フランスはレイシストであることを大っぴらにしている政治家を受け入れた。


・みんなが目を覚まし始めている。


・始まったぜ。
狂信的なテロと極右の憎悪が、手を繋いで進んでいく。

https://goo.gl/5HhqZA,http://goo.gl/uUWw5g,https://goo.gl/A45CLQ,http://goo.gl/xfLMuK,https://goo.gl/hQyzW1
仏の極右政党党首がイスラム教徒への憎悪扇動で法廷へ(海外の反応)

follow us in feedly