88
ホールインワン保険日本では1982年に共栄火災が販売した。日本ではホールインワンやアルバトロスを達成した場合、「喜びや幸運を皆と分かち合う」という名目で祝賀会や記念コンペ大会を行う慣習が定着しており、下記に示すような多額の支出が発生する。
  • 祝賀会や記念コンペ大会を開くこと
  • 記念品やご祝儀を他のプレーヤーやキャディに贈与すること
  • ゴルフ場に記念植樹すること
その費用は規模により異なるが、通説では少なくとも30万円くらいであり、中には軽く100万円を超える場合もあるといわれている。一般のサラリーマンが ゴルフを趣味としていることを考えると容易に負担できる金額ではなく、無保険でこのような事態に陥ると、滅多に起こらないことを成し遂げた喜びよりも、金 銭面のダメージによる苦しみの方が格段に大きくなる。ゴルファー保険にはこれらの事態に対処するための保障が組み込まれている場合がある。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。


ホールインワンやアルバトロスは、何も歴戦のプロ選手にしか起こりえないものではなく、ショートホールの1打目でグリーンに 乗せられる者、またはロングホールの2打目でグリーンに乗せることができる者なら、どのコースを回っても「常に起こりうる」事象である。その可能性はプ レーに伴う負傷などと比べて小さいが、他の事故は意図的に回避できるものが多いのに対して、ホールインワンやアルバトロスは常識的なプレーをする限り回避 が難しいものであり、かつ、回避すべきものでもない。したがって、起きる確率が低いにもかかわらずその支出の規模の大きさが注目されている。ゴルファー保険全体を指してホールインワン保険(またはホールインワン・アルバトロス保険)と俗に呼ぶのは、このような背景があるからである。

・だから俺はゴルフが下手なことを嬉しく思うんだ。


・私は以前、父親のキャディーを務めていた。
彼はホールインワンを達成した時に、口止め料として俺に10ドルくれた。
彼はクラブにいる連中全員に酒を奢るだけの金を持っていなかったから。


・私が訪れたことのあるクラブでも、こういう保険がある。
5ドルですべてをカバーしてくれる。


・アメリカではクラブハウスにいる全員に一杯奢らないといけない。
保険料は5ドルだ。


・私はゴルフをしたことが無い。
もし自分がホールインワンを達成しても、他人に奢るなんてことはありえない。


・↑少なくとも一緒に周った連中には奢れよ!


・滅茶苦茶だよな。
まるで自分の誕生ケーキを買うようなもんだ。


・ホールインワンを達成した者が、プレゼントを貰ったり、一杯奢ってもらうんじゃないのか?


・↑いいや。
ゴルファーならば、この奇怪な伝統を理解しないといけない。


・最善を望み、最悪にそなえよ。





・15歳の時に一度ホールインワンを達成した。
ペアになった人が私の代わりに払ってくれた。
私は未成年なので、アルコールを買うことが許されなかったから。


・ホールインワンを達成したことをどうやって証明するんだ?


・↑同じことを考えていた。
もし仲間が話を合わせれば、保険詐欺を防ぐものは何も無い。
やったぜ、ホールインワン!
みんなに一杯奢るぜ!
保険に入っていて良かった!



・↑日本には道義心があるんだよ。


・↑俺が入っているホールインワン保険の保険会社は、かなりの数の目撃者を要求するよ。


・お祝い保険?


・悲しいことに、この保険は俺に保険金を払う必要は決してないだろうな。


・奢らなければ良いだろ。
奢らなければ「いけない」ことはない。
人々は期待するだけだ。


・↑言うのは簡単だが、日本の社会や文化では体面が重要だ。
もし奢ることが伝統なら、彼らは間違いなくそうするだろう。

https://goo.gl/FMmyTT,https://goo.gl/KXF7FF,https://goo.gl/7JVj1S,https://goo.gl/OpL4QU

follow us in feedly