101
ゾウ密猟の阻止に取り組む米国の非営利組織「環境調査エージェンシー」のアラン・ソーントン会長が十日、東京 都内の外国特派員協会で記者会見、日本の象牙買い取り業者が行っている違法行為の実態を調査した報告書を発表した。日本の象牙登録制度の不備が違法な流通 を助長し、ネットオークションなどを通じ、象牙製品の需要が高いとされる中国への密輸が拡大していると指摘している。 報告書によると、環境調査エージェンシーは今年の夏、自社のサイトや大手ネットオークションに象牙の買い取り広告を出している日本の業者から三十 七社を選んで日本人調査員が接触。親から相続した象牙の売り先を探していると持ち掛けたところ、十一社が法律で定められている象牙の登録をせずに無登録の まま買い取ろうとした。(中略)だが調査員が接触した買い取り業者の半数ほどは「(輸入禁止前の)昭和時代に入手したことにして登録すればいい」「後から調べに来たことはない」 と虚偽の登録や無登録での譲渡を勧め、制度の形骸化が浮き彫りになった。ソーントン氏は、登録に当たって入手経緯を証明する公的機関の書類を必要としない 日本の制度が、違法行為の温床になっていると指摘。「日本政府は取引規制が失敗だったと認め国内取引の禁止に踏み出すべきだ」と訴えている。(東京新聞)
海外の反応をまとめました。



・違法に狩られた動物で掘られた仏像なんて皮肉だね。


・いまだに捕鯨を行っている国に何を期待しているんだ?


・中国と日本が違法な取引を協力して行っていて嬉しく思う。
こういう製品で暴利をむさぼる連中は恥を知れ。


・象牙の販売を許し、捕鯨を行い、放射性物質で汚染された物質を海に垂れ流す。
環境保護主義の国ではないな。


・大きな動物に対して問題を抱えているようだね。
象に鯨...。


・止めないと、もうすぐ象が絶滅する。
彼らはそれを望んでいるのか?


・日本にとっては良いことだ。
誰かがグリーンナチスに立ち向かう。


・どうして普通の日本人たちはこの件に憤慨しないんだ?
平均的な中国人よりもかなり教養があると思っていたが。


・批判の矛先を変えるのを止めろ。
アフリカの違法な市場をあおっているのは中国であることを皆が知っている。





・もちろん、科学調査という名目だ。


・日本はもう象牙の貿易を止めたんだろ。
どうして現在の脅威(中国)から脇道へそれて、時間を無駄にするんだ?


・日本の責任ではない。
そこに闇市場があるせいだよ。


・欲だ。いつだって欲なんだよ。


・誰が気にするんだ?
俺たちの国じゃないし、俺たちには関係ない。


・お前らはヨーロッパとアメリカのトロフィーハンターたちのことを完全に見落としている。
トロフィーハンティング
合法的に趣味として行う野生動物の猟。個人の記念品(トロフィー)として剥製などを持ち帰る。欧米では伝統的に盛ん。アフリカではサイのほかゾウやライオン、ヒョウ、キリンなども対象になっている。ワシントン条約では、動物の種類ごとに生息数を考慮し、どの地域で猟ができるかを定めている。(朝日新聞)

・我々はなんて野蛮なんだ。
すべての動物を危険にさらしている。

https://goo.gl/lCuFd3,http://goo.gl/zMmJGF,https://goo.gl/vEWmcY,https://goo.gl/a91Hy3,http://goo.gl/KtvGQp
ウィリアム王子が中国国民に違法取引された象牙を買わないように呼びかける(海外の反応)

follow us in feedly