61
中国・福建省の福州長楽国際空港で12日までに、地上の旅客機エンジンから火花が出たとの情報で出動した消防隊が騒ぎとは無関係の旅客機に向かい、泡状の消火剤を機体に浴びせる勘違いがあった。2機の機種は米ボーイング社製の同じ737ー800型機だった。同空港の運営当局者によると、消防隊は福州航空の旅客機での作業開始から2分後に誤りに気付き、火花発生が報告された中国国際航空機に急行したという。福州航空機の操縦士が近くにいた中国国際航空機のエンジン部分から火花が散るのを見付け、管制塔に連絡していた。空港運営当局者は「緊急な事態への対応が急がれる中で消防隊は福州航空機の消火に向かった」などと述べた。福州航空は中国のソーシャルメディア「微博」上で、10日に起きたこの混乱で負傷者は出なかったとの声明を発表。消火剤をふりかけられた機材は搭乗口にけん引され、エンジン洗浄、機体点検や機器試験などの作業が行われたという。以下略
海外の反応をまとめました。


動画


・ひたむきに消火活動したけどね。


・可能性は無限大だ。


・こんな作り話は出来ないよな。


・中国限定だな。ハハハ。


・かなり馬鹿馬鹿しいけど、面白い。


・やるべきことはたった一つだったのに。


・どうやったら、間違えることが出来るんだ?
火の出ている飛行機だぞ?


・中国製の眼鏡をかけていたのかもね。


・ミスタービーンが消防士だった。


・たぶん大気汚染のせいだろう。
酷いスモッグのせいで、視界がきかなかったのだろう。





・悲しいことにアジアでは航空の安全は存在しない。


・ターミナルに飛行機が多すぎたんだよな。


・でも、なんだかクリスマスっぽいよね。


・消火剤の不意打ち。


・それなのに、中国は最近、初の国産機の製造を発表した。
中国製のものを信用できるはずがない。
中国初の国産ジェット機、世界にお披露目(海外の反応)


・それなのに中国人が俺たちの原発を建設するのか?
イギリスが欧米初の中国製原発建設で合意へ(海外の反応)


・中国は期待を裏切らない。


・重圧のかかる中で仕事をしていたんだ。
簡単なことではない。

https://goo.gl/yf14Cm,http://goo.gl/PD92Bb,https://goo.gl/sZ3C6A,http://goo.gl/WaFkrk

follow us in feedly