14
明治時代から続く夫婦別姓を認めない民法の規定について、最高裁判所大法廷は「旧姓の通称使用も行われており憲法に違反しない」という初めての判断を示しました。 民法には、明治時代から、夫婦は同じ名字にするという別姓を認めない規定があり、東京などの男女5人は「婚姻の自由などを保障した憲法に違反する」として、国に賠償を求める裁判を起こしました。
16 日の判決で最高裁判所大法廷の寺田逸郎裁判長は、夫婦別姓を認めない規定について、「憲法に違反しない」という初めての判断を示しました。判断の理由とし て裁判長は「名字が改められることで、アイデンティティが失われるという見方もあるが、旧姓の通称使用で緩和されており、憲法に違反しない」と指摘しまし た。そのうえで、「夫婦別姓については国会で論じられるべきである」と述べました。
明治時代から100年以上続くこの規定を巡っては、夫婦は同姓にすべきか別姓を選べるようにすべきか意見が分かれていて、最高裁の判断が注目されていました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。




・かなり時代遅れの法律だ。


・遅れた国の遅れた法律。
女性の平等と権利に関しては、頑なに前世紀のままだ。


・国家が石器時代から抜け出すには時間がかかる。


・何を期待しているんだ?
これは日本だぞ?


・日本がこの法律をそのままにすることを祈る。
フェミニズムとリベラリズムは深刻な病だ。


・彼らの国、彼らの法律。
尊重しろ。


・我々と同じ世紀に姿を現すチャンスを日本は逃してしまったわけだ。


・↑日本に行ったことがあるか?
社会としては、彼らは我々の何光年も先をいっているぞ。


・日本の姓について考える際は、大人が養子になる伝統も忘れるな。
彼らの家族のコンセプトは、かなり異なっている。





・日本人女性にとって明らかな答えは、結婚することを拒否することだな。
5年もすれば、法律が変わるだろう。


・日本にはハイフンでつないだ姓は存在するか?
この決定により人気がでるだろうか?


・夫婦にとって何が一番良いかは、法廷ではなく、夫婦次第のような気がする。


・男性同士が結婚した場合はどうなるのだろうか?


・中国では、女性は結婚しても100%姓を変えない。


・女性嫌悪の例として扱うつもりなら、彼らはイスラム諸国よりはマシだよ。


・ありがとう、日本。
保つべき伝統はある。


・彼らは伝統を重んじているんだ。
この件で我々に何の関係があるんだ?


・俺たちには関係のないことのように聞こえる。

https://goo.gl/Ng88LQ,https://goo.gl/x7H0d7,https://goo.gl/pYGZgS,http://goo.gl/gM5UAV,https://goo.gl/ily8DF,https://goo.gl/kLkCXp,http://goo.gl/uraDxt
(日本)夫婦別性を認めない民法は違憲か?(海外の反応)

follow us in feedly