11
[東京 21日 ロイター] - 自民党の前総務会長、野田聖子衆院議員は21日、ロイターのインタビューに答え、安倍晋三政権は「何でもあり」なので衆参同日選になっても「驚かない」と述べた。(中略)
今年9月の総裁選では、最終的に2桁の推薦人を集められたが、立候補に必要な20人の確保はできなかった。この点に関して「安倍首相本人ではなく周辺から切り崩された。私の魅力のなさだ」と総括した。一方で「次の総裁選では安倍首相は出ない。候補者の条件は対等だ」として意欲を示した。集団的自衛権の行使を認める安保法制では「政権の弱体化が予想されたが、『1億総活躍』という奇妙な(政策の)看板で、(政権は国民の)安保への意識が薄らぐことに成功した」と指摘。今後「IS(過激派組織「イスラム国」)が国内でテロを起こす場合には、国民が再び安保法制(の危険性)に気が付く」との見解を示した。
海外の反応をまとめました。




・最近、私は日本から戻ったばかりだ。
あの美しい国をテロリストたちが滅茶苦茶にする様子を見るのは嫌だ。


・イスラム国にいつから言い訳が必要になった?


・安保法制が成立前にイスラム国は君たちの国民の命を奪っただろ。


・正直になろう。
日本で外国人を見つけるのは難しくない。


・守らないのなら、憲法を持つ意味なんてあるのか?


・↑安倍には憲法を改正するだけの支持者はいない。
だからずるをした。
日本国民への尊敬の念を示していない。


・野田は恐怖を煽っているだけだ。


・彼女は100%正しい。
アメリカや同盟国は認めるべきではない。


・結果としてテロ攻撃が生まれる点については、彼女は正しいかもしれない。
でも日本はいつか自分たちの防衛に投資しないといけないことを彼女は無視している。


・中国は攻撃する準備が出来ているのに、彼女はイスラム国の心配をしているのか?





・オーマイゴッド、ヒラリーの日本版


・そろそろ日本はゲームに参加するプレーヤーになるべきだよ。
過去は過去だ。
世界の悪と戦うためにはあらゆる手助けが必要だ。


・中国と戦うために日本は憲法を変える必要はない。
自己防衛だからね。


・アメリカ人としては、日本を守ることにもうウンザリだ。


・日本はいつか責任を増す必要がある。
いつまでもアメリカに頼ることは出来ない。


・日本はテロだけでなく、中国のことを心配しないといけない。
日本にとっては、中国の方が差し迫った脅威だよ。


・イスラム国と中国に対して準備しろ。
起きるのを待つよりも、今した方が良い。

http://goo.gl/YWg3B7,http://goo.gl/ML7XuW
日本国内でのテロに不安79.7%(海外の反応)

follow us in feedly