1
アメリア・メアリー・イアハート(Amelia Mary Earhart、1897年7月24日 - 1937年7月2日)は、アメリカの飛行士。姓の発音は/ˈɛərhɑrt/であり、表記は「エアハート」がより原語の発音に近い。
1927年のチャールズ・リンドバーグの快挙に続き、女性として初めての大西洋単独横断飛行をしたことから、ミス・リンディの愛称がある。知的かつチャーミングな女性であったため、当時から絶大な人気があり、彼女の名前を冠された商品も多岐にわたっていた。これらは出版人であった夫のジョージ・パットナム英語版の協力と手腕であったとされる。最期のフライトも、7月4日の国民的祝日のアメリカ独立記念日に米国本土到着を計画したもの、との見方がある。 1937年7月の赤道上世界一周飛行の途中、南太平洋において行方不明となった。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




遭難当時はアメリカが日本との間で対立を深めていたこともあり、「イアハートがアメリカ軍の要請を受けて、カロリン諸島やマーシャル諸島などの、日本の国連委任統治領における日本軍の活動を探るべく飛行した後、カロリン諸島に駐留する日本軍によって撃墜され捕らえられた」という話が、「目撃者」の談話とともに唱えられていた。

さらに、「日本軍に捕らわれた後にサイパン島を経由して東京に移送され、第二次世界大戦中に皇居内で拘留され続け、終戦直前に処刑された」という説まで、同じく「目撃者」を称する証言とともに唱えられたこともあった。その上「終戦後解放された後にひそかに帰国し、別人の名前で生活していた」との説まで唱えられた。中には「東京ローズの正体はイアハートであった」という説もある。

しかし、失踪前のイアハートからの通信には日本軍からの攻撃を受けたとの報告が全くない上に、日本軍や日本政府には撃墜や拘留、さらに処刑の記録が 全くないばかりか、上記のように日本海軍の艦艇はアメリカ海軍艦艇とともに多額の費用を投じた捜索活動も行っている。また日本軍関係者によるイアハート目 撃の報告すら行われていないため、これらの説はいわゆる根拠の薄い「陰謀説」の類とされている。ウィキペディア


・説得力はない。
日本は世界に公表していただろう。


・日本人は彼女をプロパガンダに利用しただろう。
フランシス・ゲーリー・パワーズみたいに。
フランシス・ゲーリー・パワーズは、アメリカ合衆国の空軍軍人で、最終階級は大尉。ゲーリー・パワーズと表記される場合もある。 1960年5月1日のU-2撃墜事件の際、このU-2偵察機を操縦していたパイロットである。ウィキペディア)

・こういう説が出たのは初めてではない。
もしかしたら、ありえるかもしれない。


・60年代に両親にこの説を教えてもらった。
何も新しいことはない。


・またデタラメの陰謀説だよ。


・彼女はエイリアンに誘拐された。


・どうして彼女に関するファイルはいまだに機密扱いなんだ?


・彼女に何が起きたかを我々が知ることは無い。





・謎は解決されるか?Noだ。


・もし日本がスパイ活動をする彼女を捕まえていたら、彼女は生き残れなかったと思う。


・毎年のようにこういうデタラメな話が出てくる。


・この説には、全く同意できない。


・誰かが本を売ろうとしている。


・70年経っているのに、日本が認めていなかったら、意味が分からないだろ。


・エイリアンに誘拐されたという説よりは説得力があるかな...もしかしたら無いかも。


・いまだにDBクーパーを探している。
D.B.クーパー事件とは、アメリカ合衆国で発生した、身代金を要求したハイジャック事件である。単独犯による事件であり、パラシュート降下による逃亡という大胆さなどから、アメリカ国内においてもっとも有名な未解決事件の一つとされる。 ウィキペディア

・俺の新しい本では、彼女はエルビスと結婚して、ユニコーン農場を始めた。

https://goo.gl/PvRpvs,http://goo.gl/HgS3i1

follow us in feedly