1211
1994年12月発売のスーパーファミコン(SFC)用アクションゲーム「海腹川背」(うみはらかわせ)。そのリプレイデータをゲーム機の電源を入れっぱなしにすることで20年以上保持し続けているあるユーザーがTwitterに投稿した画像が話題になっています。以下略(ねとらぼ)
海外の反応をまとめました。


ツイート


・これぞコミットメントだ。


・マリオもこの男を誇りに思うだろう。


・20年間も停電していないのか?
全く信じられないね。


・多分事実だろう。
任天堂のゲーム機は丈夫なことで知られている。


・ニンテンドーは永続するように作られている。


・スーパーファミコンを見ると懐かしい気分になる。


・バッテリー?
俺のスーパーファミコンにはバッテリーなんてないぞ?


・↑ゲーム機ではなく、ソフトの中にバッテリーが入っているんだ。


・20年も?!
私のX-boxは一年も持たなかったことが残念だよ。





・このゲーム機が大好きだった。
若い頃を思い出すぜ。


・スコットランドではgamekeeperは全く異なるものを意味する。(笑)
※狩場の番人


・20年も?
ソフトもハードも故障しないのか?
日本の質を負かすことは出来ないと、私は常に言っているんだ。
それが証明された。
もしこれが中国製だったら...。


・20年経っているのに、彼はまだゲームをクリアしていないのか?


・彼の母親がとっくに電源を切っているはずだと、君たちは思うだろう。


・ゲーマーとして、我々の祖先たちが経験してきた痛みに気付いていなかった。


・ゲームの中のキャラクターは、中年に違いない。

http://goo.gl/75w2MY
25年前の今日、日本でスーパーファミコンが発売された(海外の反応)

follow us in feedly