1a
米国などから日本に研究用に提供されたが、核安全保障のため返却が決まったプルトニウム三百三十一キロの受け入れに向け、米エネルギー省は、南部サウスカロライナ州にある国立の核施設で受け入れが可能とする環境アセスメントの結果をまとめた。 このプルトニウムは、高濃度で軍事利用に適した「兵器級」が大半を占める。日本政府関係者によると、日本から三月末までに搬出され、船で輸送され る見通し。三月にワシントンで開催する第四回核安全保障サミットの前後に移送に着手し、サミットの成果として強調する狙いがあるとみられる。冷戦時代に英米とフランスが日本に提供。日本原子力研究開発機構の高速炉臨界実験装置(FCA、茨城県東海村)で利用されてきた。FCAではウラ ンと混ぜないプルトニウム燃料として使ったが、出力が小さいため量はほとんど変わらない。現在もFCAに保管されており、核兵器四十~五十発分に相当す る。核を拡散させない政策を重視するオバマ政権が二〇一四年、日本に返還を求め、両国が移送に同意していた。 以下略(東京新聞)
海外の反応をまとめました。



・どうやって輸送して、どこに貯蔵されるのだろう?


・今の時代、輸送船はアメリカやNATOの船に護衛されるべきだよ。
そうすれば、悪い意図を持つ人々の手に渡る可能性はほとんどなくなる。


・どうしてわざわざこんなことを宣伝するんだ?


・このニュースは秘密にしておくべきだろう。


・どんな最悪なことが起こり得る?


・中東諸国に気を付けろよ。
彼らの手に渡れば、ワシントンDCは消滅することになる。


・この物質は宇宙開発プログラムに利用されるのかな?


・NASAの手に渡ることを祈る。


・オバマはパン,絨毯,輝く宝石と引き換えにイランにプルトニウムを渡すことに合意した。


・オバマはそのプルトニウムをロシアに渡すだろう。
ロシアからイランに手渡される。


・↑面白いことに、全く逆のことが起きている。
核拡散防止条約の一部として、核弾頭の解体を活発に行っている。





・友好的な隣人である中国のことを考えると...良い行動かどうか分からないね。


・日本でプルトニウムを保管することが良いアイデアであるはずがない。


・どうして日本に兵器級のプルトニウムを持つ必要があったの?


・彼らは必要としている核爆弾を作った。
あまったプルトニウムを返そうとしている。



・国連はIAEAの連中を日本に送り込むべきだろ。
裏で核兵器を開発していないか見るために。


・間違いなく日本は核兵器を開発できる。


・日本+核+ロボットが世界を支配する!


・中国から身を守るために、日本に核兵器を与えろよ。

http://goo.gl/8pe10c

follow us in feedly