1s
ハンフォード・サイト(英語: は米国>ワシントン州東南部にある場所で、原子爆弾作成のマンハッタン計画でプルトニウムの精製が行われた所。その後の冷戦期間にも精製作業は続けられ、現在はこの作業は行われていないが、米国で最大級の核廃棄物の問題を残しており、その処理が継続されている。2015年11月、米政府は原爆を開発したマンハッタン計画に関連する研究施設群として、ハンフォード・サイトを含む3か所を国立歴史公園に指定した。 他の2か所は原爆を設計、製造したニューメキシコ州ロスアラモス国立研究所、ウラン濃縮を行ったテネシー州オークリッジ国立研究所である。現在は立ち入りが制限されているが、徐々に公開されて2020年には公園として整う予定である。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



・一体何故?


・↑教育のためだ。


・ツアーには放射線物質を防ぐ防護服は提供されるの?


・酸素マスクは提供されるのかな?


・アメリカの政治家全員にタダで旅行に行かせてやる!


・この場所を訪れろ。
そうすれば、ISSから君たちの動きを追跡できる。


・↑暗闇で光るからフラッシュは必要ない。


・以前、あそこで何年も働いていたよ。


・「すべて除染されて、完全に安全
↑おお...そうか。


・アメリカで最も核汚染された場所なのに「完全に安全」なのか。
あらゆる面で、とても悪いことのような気がする。


・安全?
うん、有名な最後の言葉だね。





・どうしてわざわざ可能性に賭けようとするの?


・日本人が生きている間に訪れたい場所ではないかもしれない。
でも世界に与えた影響を考えると、歴史的に重要な場所だ。


・↑そんなことはない。
真珠湾は日本人に人気の観光地だぞ。


・私はスポケーンの近くに住んでいるが、ハンフォードに近づこうとは思わない。


・一体誰があの場所に行きたいと思う?


・一体誰のアイデアなんだ?


・まぁ、完全に安全だと宣言されたことを嬉しく思うよ。


・休暇で行こうとは思わないだろ。(笑)
人々が興味を持つとでも?

http://goo.gl/e2SHMr

follow us in feedly