q
 ドジャース入りした前田健太投手(27)の年俸を低く抑えて多額の出来高を払う、という異例の契約は、改めて米メディアの関心を呼んでいる。「本来、年 俸は過去の実績を基にはじき出すもので、将来予想される結果ではない」「メジャーリーガーなら絶対にのまない契約だ」というのだ。
 これまでの情報をまとめると契約は8年で、年俸総額は2500万ドル(約29億4000万円)。それに毎年1015万ドル(約11億9000万円)の出 来高払い(開幕1軍で15万ドル、32試合に先発したら650万ドル、200イニング投げたら350万ドルなど)が含まれる。
 米スポーツサイトの中には、「とても奇妙な契約だ。選手たちの年俸が高騰する移籍市場で、チームにこれほど有利な契約は非常にまれだ。メジャーの選手なら怒り心頭に発し、絶対拒否するタイプの契約だ」と報じたところもある。以下略(夕刊フジ)
海外の反応をまとめました。



・前田がどうしてこんな奇妙な契約をしたのか確信が持てない。
この契約で保証されている部分は、「8年契約で2400万ドル」だけだ。
MLBでは小銭だよ。


・前田に8年2500万ドルは安い。
彼の契約の詳細を知っている人はいるか?


・出来高に基づいた長期契約...なんという概念だ。
チームにとっては良いことだ。
前田の笑顔を見る限り、彼にとっても良いことなのだろう...。


・ドジャースの財務責任者が賢い行動をとった。
彼らはもっと称賛されても良い。


・彼らが岩隈とこの契約をしなかったことが残念だ。


・↑岩隈がこういう契約をのむことはかなり疑わしい。
彼は既にMLBで確立された選手だ。


・岩隈との契約をキャンセルことになった彼の肘の問題に比べて、前田の肘の問題はどうなのだろうか?


・前田=上原浩治2.0。


・彼はザック・グレインキーではない。


・前田は良い子そうだね。
彼は興奮しているようだ。
彼が良い仕事をすることを祈ろう。





・MLBは全く違うリーグだ。
MLBで投げた日本のピッチャーは全員ヒジの問題を抱えていた。
その出来高を獲得できるように、彼には健康であり続けて欲しい。


・それでこの奇妙な契約の説明がつく。


・会見で前田は200イニング以上投げると言っていた。
彼が嘘つきとでも?


・↑1試合で投げるつもりなんだよ。


彼が健康であり続けたら、ドジャースにとってすべてが変わってしまうぞ。


・このハムストリングの怪我やインフルエンザに気をつけた方が良い。
32試合先発することはタフだぞ。


・ドジャースが最後にワールドシリーズに姿を現してから、9940日が経つ。
ちょっと言ってみただけだ。(笑)


・ドジャースのトレーナーが辞めるわけだ。
チームの半数が怪我を抱えて、前田がそれに加わった。


・ドジャースへようこそ、前田くん。
ドジャースブルーに身を包んで、末永く成功しますように!

http://goo.gl/HwdVUA,http://goo.gl/nru76c,http://goo.gl/0PLok1,https://goo.gl/U0H5St

follow us in feedly