o0
沢村 栄治(さわむら えいじ、旧字体:澤村 榮治、1917年2月1日 - 1944年12月2日)は、三重県出身のプロ野球選手(投手)。
1934年の夏の大会終了後に京都商業を中退(現在の高校3年生に相当する年齢)。その年の11月に開催された読売新聞社主催の日米野球の全日本チームに参戦する。5試合に登板(4先発)したが、中でも11月20日、静岡県草薙球場で開催された試合では、7回裏にルー・ゲーリックにソロ本塁打を 浴びたのみで、メジャーリーグ選抜チームを8回5安打1失点と好投した(スコアは0対1)。これ以外の4試合では滅多打ちにあって沢村自身0勝4敗に終 わったが、この年の日本選抜対メジャーリーグ選抜の試合が日本の0勝16敗に終わったため、この快投は現在でも日本で語り草となっている。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



・すごい話だな。
日本ツアーのことは聞いたことがあるが、今まで聞いたことのない話だった。


・この男は大リーグからのオファーを受けるべきだった。
1935年、 巨人軍はまだ国内で唯一の職業野球クラブだったので、他に対戦する相手がなく、野球の本場であるアメリカの各地を飛び回っての遠征試合をこなしていた。そ の終盤の6月、ミルウォーキー・レッドソックスとの対戦前に、ある中年男性が外野席から飛び降りてサインをしてもらいたいと訴え、沢村は何気なしにサイン に応えていた。ところが、試合後その男性がベンチにやってきて「スクールボーイ(沢村のあだ名)をいつ渡してくれるのか?」と問い合わせに来た。鈴木惣太郎マネジャーがその書類を見ると、セントルイス・カージナルス(ピッツバーグ・パイレーツと 言う説もあり)のスカウトが使う選手雇用のための契約書だった。その後、半ば強引に契約を迫ったものの、鈴木は「ジャイアンツはアメリカの野球団体に加盟 していないので、君がコミッショナーに訴えても無駄」ときっぱり断った。ウィキペディア

・もし契約して、アメリカでプレーしていたらどうなっていたか思わざるを得ない。


・↑たぶん強制収容所だ。
(1943年)米マンザナー強制収容所で撮影された日系人の写真(海外の反応)


・↑野球のスター選手が、強制収容所に送られたら、世間がどのような反応を示すか疑問に思わざるをえない。


・↑悲しいことに、他の罪のない日系人の夫たちが送られるよりも憤るだろう。


・↑どうしてそれが驚きなんだ?
人々は気の毒な人々よりもオルカのことを気にかける。


・強制収容所は主に西海岸だよ。
当時、カリフォルニアにMLBのチームはなかった。


>>もし契約して、アメリカでプレーしていたらどうなっていたか思わざるを得ない。
↑第二次大戦は起きていなかった。


・↑そしてマーティー・マクフライも存在していなかった。





・戦争がなかったら、沢村がどれほど偉大になっていたかはいつまでも分からない。
ニグロリーグ同様に彼の話は、いつまでも「もしも」の疑問のままで残る。
ニグロリーグ(Negro League baseball)は、アメリカ合衆国に存在した野球リーグ。アメリカ合衆国において行われていたアフリカ系アメリカ人を中心とした野球のリーグ戦。アフリカ系アメリカ人によるプロ野球のリーグ戦を漠然と指す言葉だが、狭義ではリーグ運営が比較的順調に行われていた1920年から1948年の間に存在した7つの野球リーグのことを指す。(ウィキペディア)

・20歳の時に沢村は384イニング投げ、防御率1.38・325奪三振を記録した。


・↑マジかよ。降谷もエースの座を心配するわけだ。


・↑わお、ダイヤのエースのネタか。
だからこの板が好きなんだよ。


・連合国に占領される以前の日本で、野球が人気があったことを今日初めて学んだ。


・↑1850年代にペリー提督によって持ち込まれたのだろう。
いいや、20年後にアメリカの大学教授によって持ちこまれた。


・↑いいや、1870年代にトム・クルーズが持ちこんだ。


・ジミーフォックスによって撮影されたツアーの様子。



・だから日本のサイヤング賞に相当する賞は彼の名前からとられているんだよ。

http://goo.gl/idc5rA,https://goo.gl/zEjQsI
1934年に日米野球で来日したメジャーリーガーは12ヶ国語を操るCIAのスパイだった(海外の反応)

follow us in feedly