9999
農林水産省が、和食文化の理解度や調理技能のレベルに応じて、海外の日本料理やすし店で働く外国人の料理人に「お墨付き」を与える認定制度を始めることが18日、分かった。2016年度から実施する。 農水省が作成する指針に沿って、料理店や調理専門学校が研修や授業を行い、料理人は一定のレベルに達すれば認定を受けることができる。以下略(共同通信)
海外の反応をまとめました。



・素晴らしいアイデアだ。
長年の懸案だった。


・完全に馬鹿げていると思う。


・認定制度を歓迎する。
アメリカ東部には、気分の悪くなるような「日本食」レストランがたくさんある。
本当に多い。
だから馴染みのない日本食レストランには入らないようにしている。


・素晴らしい。空手と同じだよ。
偽の日本語のアクセントで「センセイと呼べ」と言う白人がもっと必要みたいだな。


・↑センセイに礼をしろ。


・アメリカやイギリスの日本食レストランに行く際は、食べる前にオーナーが日本語を話すか確認しろ。
韓国料理店の場合は、オーナーが韓国語を話すか確認するんだ。
アメリカの中華料理は、きちんとした理由があって、悪名高くなったんだ。


・良い決定だと思う。
日本食を食べたくないと思う時がたくさんある。
だって本物の日本食じゃないから。


・腕の良い料理人だけど、日本で勉強するだけの金銭的余裕がない場合は?


・どうかな。
外国のトップの寿司職人が、Youtubeで寿司の握り方を学んだと認める様子をテレビ番組でたくさん見てきた。


・認定を求める人はあまりいないと思うけど。





・認定を受けるのに、一体いくら費用がかかるか知りたい。


・相互的な制度にしろ。
イタリア政府は監視員を日本に派遣するべきだ。
マヨネーズピザを取り締まるためにね。


・日本人がまともなサルサとタコスを作り始めたら、話し合おう。


・日本人は料理が得意だ。
世界中どんな国の料理でもマスターしてしまう。
日本では、何でも美味しい。


・バチカンは日本にある教会を認定し始める必要があるか?


・↑定義上、中国以外のカトリックの教会は、バチカンによって認められている。


・問題を探すための解決法だね。


・もし正真正銘の日本食を求める市場があるなら、レストランは既に本物の日本食を提供していると思う。

https://goo.gl/upVPqR,https://goo.gl/1Gjexn,http://goo.gl/FyO5AQ
日本代表が頂点に!すし職人世界大会(海外の反応)

ルーニーが日本食レストランでシェフたちと記念撮影(海外の反応)

follow us in feedly