03
アメリカ軍普天間基地がある沖縄県宜野湾市の市長選挙は24日に投票が行われ、自民党と公明党が推薦する現職の佐喜真淳氏が、政府が進める名護市辺野古への移設計画に反対する新人を抑えて、2回目の当選を果たしました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。




・米軍基地をアジアに置くことには賛成しないが、台頭する中国の帝国主義に対抗するための現実として耐えよう。
両国を比べると、アメリカの方が邪悪ではない。


・おい、第二次大戦は終わった。
占領を止めろ。
軍を引き返せ。


・アジアの地図を見れば、中国本土に対する前線基地として、沖縄以外に代替地がないことは明らかだ。
だから彼らは論争している。


・中国は沖縄を欲しがっているんだよ。
オバマの任期が終わる前に欲しがっている。


・世界中どこでも、リベラル派は国を自滅させようとする候補者たちだ。
少なくとも沖縄は、中国が未だに脅威であることを思い出した。


・沖縄が危険に近すぎるから、アメリカは移設したがっているんだろ。
どうして島の政治に関わろうとするのか理解出来ない。


・戦術的な場所として、沖縄がベストであることは事実だ。
必要だから起きていることなんだよ。


・沖縄の人々に権利はないのか?
彼らはアメリカを嫌っているんだよ。


・↑地元民の選択よりも国家の安全が優先される。





・日本,フィリピン,ベトナム,台湾や南シナ海での領土問題に関わる国々は、アメリカの手助けがなければ、中国の拡大路線を止めるのが難しいことを理解するようになる。
アメリカとの連携を強化するべきだ。


・日本に何年も前に住んでいたが、問題なのは沖縄人ではないと思う。
問題なのは中国の手先だ。


・アメリカ人は故郷に帰れ。


・アメリカは「歓迎しない」「出ていけ」「ここにいて欲しくない」というフレーズを理解出来ないのか?


・普天間基地が出来てから、30年以上経つ。
誰も周りに住んでいなかった。
それからみんなが、自分たちが行っていることを理解して、家や学校,店を建て始めた。


・沖縄はフィリピンの例から学んだ方が良いと思う...。

https://goo.gl/tb8zJS,http://goo.gl/hiwnN2

follow us in feedly