no title
警視庁は4月から、逮捕した容疑者の顔を3次元(3D)で撮影し保存する。防犯カメラは高い位置に設置されることが多いため顔が斜めに映る場合が多く、従来の正面や横からの写真とは、照合がしにくかった。撮影装置を全102署に導入する。 同庁によると、管内の全警察署で逮捕したすべての容疑者を3D撮影するのは都道府県警で初めて。再犯者による犯罪の捜査や、余罪の裏付けなどの迅速化につながるとみている。 導入する「3D顔画像撮影装置」は、容疑者を正面と横だけでなく、左右斜めから撮影。顔の凹凸をデータ化し、様々な角度から見ることができるようにする。同庁鑑識課がデータベースとして一括管理する。以下略(日本経済新聞)
海外の反応をまとめました。



・これで彼らは、ようやくルパン3世を逮捕できるかもね。


・また一歩近づいたな・・・。


・↑さらにまた一歩進んだ。


・これの何が悪いのか理解出来ない。
彼らは3Dで容疑者の顔写真を撮影するんだ。
これで犯罪者の行方を追跡できる。
例えば、コンビニ強盗中に防犯カメラに捉えられた人物を間違わずに逮捕できる。


・↑彼らがさらにGPSタグとイギリスのような防犯カメラを加えたら、このシステムはとてもオーウェル(全体主義の管理社会)的になるね。
素晴らしい。


・マイノリティーリポートかPSYCHO-PASSみたいだな。


・シビュラシステムも一緒についてくるんだね。なるほど。
シビュラシステムとは、アニメ『PSYCHO-PASS』に登場するコンピューター、またはそれによって運営される社会制度。(ピクシブ百科事典)

・↑中国はベータ版を既に試しているよ。


・ありえない!
これは私が作ったサイバーパンクのショートフィルムと同じだ!





・日本で逮捕されるなよ。
彼らの有罪判決率は99%以上だ。


・↑日本で起訴されないことが重要だよ。
狂った有罪判決率の理由の一部は、彼らは何か掴んでいない限り、法的な手続きを進めないからだ。


・日本は犯罪率が世界で最も低い国なのに、犯罪捜査を研究・革新しているのが良いね。


・↑真面目な話、これは海外で良く売れると思う。


・1995年頃に320x240ピクセルのNTSCカメラで撮影された顔とマッチングできると良いけどね。


・俺ならみんなにGPSタグを付ける。

https://goo.gl/GIArui,https://goo.gl/DQWSfZ,http://goo.gl/j6HwTb,https://goo.gl/VD3aKz
ドローンでドローンを捕獲、日本の警察が新兵器導入へ(海外の反応)

日本の警察をどう思う?(海外の反応)

follow us in feedly