7
三菱電機は、海中から吹き上げた水柱を電波アンテナとして利用する技術『シーエアリアル』を発表しました。
海水のある場所であればどこにでもアンテナを設置できる技術。主なメリットは、水柱を作るための装置が小型なことで可搬性に優れ、アンテナ設置場所の自由度を高められること。
同社ではすでに水柱アンテナを用いた地上デジタルテレビ放送の受信実験を実施し、画像を映し出せることを確認しています。 これまで、特に低周波数帯のアンテナは、数メートルから数十メートルの高さが必要となることから、巨大なアンテナ構造とこれを支持する基礎構造物を設置す るための大規模工事が必要とされてきました。また、このことによって設置コストはもちろん、設置場所が限定されるというデメリットもありました。シーエア リアルはこの問題を解決すべく、成熟したアンテナ技術の応用と、そのための新素材を模索する中で生まれた技術です。以下略(Engadget
海外の反応をまとめました。


画像
132


・間違いなく素晴らしい。
通信距離と帯域幅はどうなんだろうか?


・これが発明でないとしたら、何が発明なのか私には分からない。


・世界中の水平たちにとって好ましいアンテナだね。


・数年前に報道されたカリフォルニアにある海軍研究試験所での海水アンテナに関する研究を思いだした。


・軍事産業で既に成し遂げられている。


・宇宙にメッセージを送るために、海を使えたとしたら?


・海の水が干上がってしまうマッドマックスのような世界の終末が来るまでは使えるだろうね。


・海水で造られたアンテナに関する記事を読みに来た。
俺は読むことが出来ない。


・俺の他に三菱が「セーター」からアンテナを作ったと読み間違えた奴はいるか?





・他の三菱製品同様に、使えない。


・↑少なくとも彼らの車は角を曲がることが出来る。


・自動車の販売に成功しないなら、塩水でアンテナを造ろうぜ。


・これは素晴らしい。
さあ三菱よ、大幅に遅れている飛行機を完成させろ。



・二人の人間がお互いのことを本当に気にかけると、彼らはいつでも上手くいく方法を見つける。
どれほど難しくてもね。


・↑三菱は海水のことを本当に気にしているんだね。


・↑三菱は海水のことが大好きだ。


・日本メーカーによる素晴らしい発見だ。
シンプル イズ ベスト!

https://goo.gl/EevsUK,https://goo.gl/sYOdpU,http://goo.gl/BB1K7J,http://goo.gl/f0YJ0B

follow us in feedly