121
杉原千畝 スギハラチウネ』は、2015年制作の日本映画。第二次世界大戦中、ナチスによる迫害から逃れるユダヤ人のために独断で日本通過のヴィザを発行して、6,000人あまりのユダヤ人を救った外交官・杉原千畝の生涯を描いた作品。ポーランドで9月13日から11月上旬まで約2か月にわたりロケが行なわれた。本作では杉原が外交官としてだけでなく、堪能な語学力を使い、赴任した各国で類まれな情報収集能力を発揮し、貴重な情報を集めて日本に送り続けた「インテリジェンス・オフィサー(諜報外交官)」であった一面も合わせて描いている。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



・素晴らしい。
この映画は彼が行った良いことを我々に教えてくれる。


・彼に関する本を読め。
彼は真の英雄だ。


・この映画が、リトアニアではなくポーランドで撮影された良い理由はあるのか?


・白黒で撮影されなかったことが残念だよ。
そうすれば、人々は自動的に傑作だと思う。


・8年ほど前にPBSが、この偉大な人に関する映画を制作した。


・「ビザと美徳」は1997年にアカデミー短編ドキュメンタリー映画賞を受賞した。
同じ話だ。


・願わくば、「ポーランドのシンドラー」ヘンリク・スラヴィクに関する映画も作って欲しい。


・↑もしくは、イレーナ・センドラー。
イレーナ・センドラー(Irena Sendler、ポーランド語の本名はイレナ・センドレロヴァ Irena Sendlerowa、のちイレナ・ズグジェムプスカ Irena Zgrzembska、1910年2月15日 - 2008年5月12日)は、ポーランドの慈善活動家。第二次世界大戦中は「ポーランド地下国家 (Polish Underground State)」と反ホロコーストレジスタンス「ジェゴタ」の活動家。2500人にものぼるユダヤ人児童を見つからないようにワルシャワ・ゲットーから連れ出し、偽造書類を作成したりゲットーの外の個人やグループの家にかくまったりすることにより救出する活動を行った。カトリック教徒。(ウィキペディア)

・↑「ポーランドのシンドラー」は、たくさんいるよ。


・こういった人たちは君たちが想像する以上に存在する。





・杉原は真の英雄だ。
もう1人の英雄はアリスティデス・デ・ソウザ・メンデスだ。
アリスティデス・デ・ソウザ・メンデスAristides de Sousa Mendes do Amaral e Abranches、1885年7月19日 - 1954年4月3日)はポルトガルの外交官。在ボルドーポルトガル領事館総領事であった、第二次世界大戦中の1940年6月16日から23日の間、ドイツによる侵攻から逃れる難民に、本国からの命令に逆らってビザを無料で発行。3万人以上の難民に脱出の手助けを行った。内1万2000人がユダヤ人だった。しかし政府に逆らったことで職を追われ、経済的に困窮することとなる。友人たちからも見捨てられ、近親者からもその行動を非難され、違背者の汚名と借金を背負ったまま死去した。しかし最後までビザを発給したことは後悔していなかった。(ウィキペディア)

・南京事件の際に20万人以上の中国の一般人を救った男に関する映画をドイツは作るべきだ。


・↑2009年にドイツが制作したジョン・ラーベに関する映画みたいのか?

ジョン・ラーベ ~南京のシンドラー~』(ジョン・ラーベ なんきんのシンドラー、原題:John Rabe)は、2009年公開のドイツ・フランス・中華人民共和国合作による映画。(ウィキペディア)


・1万人のユダヤ人を救ったイランのシンドラーに関する映画は?


・俺はスロバキアのシンドラーなのに、誰も俺のことを映画にしない。


・この映画はアメリカでも見られるの?
LAの映画館で是非見たい。


・初めて杉原に関する話を聞いた時、とても良い話だと思った。


・彼の物語がみんなに伝わって嬉しい。
彼に神のご加護を。

https://goo.gl/2cbRjY,http://goo.gl/TIdCuI,https://goo.gl/IGW6mt,https://goo.gl/lUQ8WF
杉原千畝の「命のビザ」が世界記憶遺産の国内候補に(海外の反応)

「中国のシンドラー」多くのユダヤ人の命を救った何鳳山(海外の反応)

follow us in feedly