p
井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)の象「はな子」の飼育環境をめぐり、ネット上で「コンクリートに囲まれ劣悪」「一頭だけでかわいそう」と話題になって いる。この騒動に、飼育担当者は「飼育には細心の配慮をしている」と話し、来園者からは「はな子は地元の人々に愛されている」と困惑の声が上がる
はな子は2歳のとき、戦後初めてタイから贈られた。69歳で、国内の象では最高齢だ。
 騒動の発端は昨年10月に書かれた英文ブログ。寂しげな写真とともに「木も生えていない狭いコンクリートの囲いの中にたった1頭で生気なく立ち尽くしている」と記載され、フェイスブックなどで一気に拡散した。中略
 これに対し、同園の飼育展示係長堀秀正さん(50)は飼育員の努力を理解してほしいと話す。園では、歯が1本しかないはな子が消化しやすいよう、皮をむいたバナナと麦、米を合わせたおにぎりを毎日用意するなどしている。
 一方で、土の飼育場の方が好ましいことも認める。しかし、維持には多額の費用が掛かり、財源の大部分を税金で賄う小規模の公立動物園には実現困難だ。
 象は本来群れで暮らすため、1頭だけではかわいそうだとの主張にも理解を示すが、移動には否定的だ。高齢のはな子にとって、輸送は大きな負担になる。枝が折れるささいな音でも警戒して動かなくなるほど神経質だといい、環境の変化が与えるストレスは計り知れない。以下略(時事通信)
海外の反応をまとめました。




・彼女には、もっと良い生活がふさわしい。


・すべての動物に自分勝手な人間の行動を謝罪したい。


・嘆願書に署名するには、情報が多すぎるくらいだ。


・最後の日々を保護区域で過ごさせてやれよ。
彼女には平穏が必要だ。


・故郷に帰してやれよ!
最後に故郷を見せてやれ。


・保護区域にいる象たちに拒絶されて、命を奪われる懸念もあるのでは?


・移動のストレスで命を落とすぞ。


・どうして彼女にもっと広い場所を提供できないの?


・彼女には友達が必要だ。
象がもう一匹いたら、彼女の大きな手助けになるだろう。


・もし彼女を移動することが出来ないのなら、少なくとも住むのに適した思いやりの気持ちがある環境を用意してやれよ。





・とても悲しい...動物の刑務所の見通しは暗い。


・泣きそうだよ。
これは本当に悲しい。


・人間はとても非人間的だ。


・酷い環境から動物を救い出すことに遅すぎることはない。


・日本人は野生動物と環境を粗末に扱う。
鯨とイルカの命を奪い、放射性廃棄物を太平洋に捨てる。


・アジア人の大半は、他の種のことなんて気にしない。


・彼女は食べ物を食べるし、物で遊ぶ。
子供たちのことも好きだ。
もしかしたら、彼女は自分の生活のことが好きかもしれない。
そう願いたい。


・環境の変化によるストレス?
いいや、むしろ安心するだろう。


・象は社会性動物だ。
69歳でも他の象といることを楽しめるはずだ。

https://goo.gl/knmnhy,http://goo.gl/oDcv60
日本初の象専用のプール!富士サファリパークで泳ぐ象(海外の反応)

カップルのことが大嫌いな日本のゾウ(海外の反応)

follow us in feedly