0u
セブン・イヤーズ・イン・チベット』(Seven Years in Tibet)は、1997年のアメリカ映画。ジャン=ジャック・アノー監督作品。アイガー初登頂で知られるオーストリアの登山家ハインリッヒ・ハラーの自伝の映画化。彼がチベットで過ごした7年間、彼と若きダライ・ラマとの交流を描く。『セブン・イヤーズ・イン・チベット』の公開後、中華人民共和国政府は、映画の中で紅軍の士官が意図的に無礼で傲慢な 人物として描かれている。このため『セブン・イヤーズ・イン・チベッ ト』は中国で上映禁止となった。また、映画の監督および主演者のブラッド・ピット及びデヴィッド・シューリスは中華人民共和国支配地域への立ち入りを無期 限で禁止された。以下略(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



・俺は別に驚かないよ。


・彼にとって良いことじゃないか。


・誰が中国に行きたいんだ?
別に彼は大したものを逃していない。


・↑すごく楽しい場所だぞ。
美味しい食べ物はたくさんあるし、面白い人たちがたくさんいる。
難しいけど、学ぶだけの価値がある言葉があり、伝統的な建物があちこちにある。
俺は気に入った。


・公平なことを言うとすれば、あれは酷い映画だった。


・彼のアクセントが酷かったから、入国禁止になったのだろう。


・あの映画での彼の演技があまりに酷いから入国禁止になったのでは?


・これは残念だ。
ブラッドとアンジェリーナは、中国で子供たちを数ダース養子に出来たのに。





・彼はもう入国禁止になっていない。
数年前にアンジェリーナ・ジョリーと上海にいたよ。
一方のリチャード・ギアは...。


・↑どうしてリチャード・ギア?


・↑率直な反中発言のせいだ。
ダライ・ラマ14世を熱心に支援し、中華人民共和国政府によるチベット民族迫害を激しく非難している。2002年にはヒマラヤ地域の人権を議論するため、ドイツ議会にも招かれた。2008年の北京オリンピックに際しては、前年に中国に対してチベット民族迫害の歴史をオープンにするよう訴え、聖火リレー前日のサンフランシスコでも、チベットでの人権侵害に対する抗議集会に参加した。しかし、このような行動は中国側からは反発を呼び、ギアをCMに起用したフィアットが謝罪するような出来事も起こった。そのためかリチャード・ギアは中国に入国禁止の対象になっている。(ウィキペディア)

・ ブラッド・ピットは7年入国禁止になっただけだ。


・映画に関係した他の人も禁止処分を受けたの?
それともブラッドだけ?


・↑共演のデヴィッド・シューリス(ハリー・ポッターでリーマス・ルーピンを演じた男)も入国禁止になった。


・映画の役が理由で誰かを入国禁止にするなんて、ちょっと馬鹿げていると思う。

https://goo.gl/T7hxS3

follow us in feedly