09
今の国会中に育児のための休暇を取る考えを示していた、自民党の宮崎謙介衆議院議員は、みずからの女性関係について週刊誌で報じられたことを受け、議員辞職する意向を固め周辺に伝えました。 衆議院京都3区選出の自民党の宮崎謙介衆議院議員は、男性の育児参加を促したいとして今の国会中に育児のための休暇を取る考えを示していましたが、今週発売された週刊文春で、妻の出産直前にほかの女性と不適切な関係を持っていたと報じられました。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。




・育児休暇?(大爆笑)
頼むから、他に何か言ってくれよ。


・思いやりのある父親として振舞おうとする彼の意図は、真逆だったということか?


・彼は明らかに自分の新生児と一緒にいること以上のことをしようとしていた。


・彼は日本の減少を心配していた。
だから第二夫人をめとることを決めたんだ。


・彼は浮気しそうな見た目をしている。


・スキャンダルはどこでも起きえるんだな。


・彼らには全員愛人がいて、浮気をしている。


彼はバレたから捕まったんだ。
たとえそうだとしても、彼が提唱した育児休暇の法律の妨げになるべきではない。
男性が育児休暇を取るという考えはこの男と切り離して考えるべきだ。





・イギリスが日本で起きた個人の問題を気にしなかったら、日本もイギリスで起きた個人の問題を気にしないと思う。


・税金を女性へのプレゼントやリッツ・カールトンへの予約に使ったわけじゃないなら、気にすることはないだろ。


・正直、イギリス人は日本の政治家がプライベートで何をしようが気にしないと思う。


・関係者全員が恥をかいたな。
西洋の育児休業制度の基準には、まだまだ程遠いな。
日本の男女平等の道のりはまだまだ遠い。


・妻も彼の不貞行為の責任を取って一緒に辞任するべきだ。


・もし政治家たちが不倫を認めて、議員辞職をしていたら、政府が無くなる国が出てくるぞ。

https://goo.gl/OPrgCn,http://goo.gl/fSAQYe,https://goo.gl/H7cRgt
日本の男性国会議員が育休取得宣言(海外の反応)

follow us in feedly