oooo
東京電力は、福島第一原子力発電所の事故発生から2か月たって、核燃料が溶け落ちる、メルトダウンが起 きたことをようやく認め大きな批判を浴びましたが、当時の社内のマニュアルでは事故発生から3日後にはメルトダウンと判断できたことを明らかにし、事故時 の広報の在り方が改めて問われそうです。 福島第一原発の事故では1号機から3号機までの3基で原子炉の核燃料が溶け落ちるメルトダウン=炉心溶融が起きましたが、東京電力はメルトダウンとは明言せず、正式に認めたのは発生から2か月後の5月でした。
こ れについて東京電力はこれまで、「メルトダウンを判断する根拠がなかった」と説明していましたが、事故を検証している新潟県の技術委員会の申し入れを受け て調査した結果、社内のマニュアルには炉心損傷割合が5%を超えていれば炉心溶融と判定すると明記されていたことが分かりました。
実際、事故発生から3日後の3月14日の朝にはセンサーが回復した結果、1号機で燃料損傷の割合が55%、3号機では30%にそれぞれ達していたことが分かっていて、この時点でメルトダウンが起きたと判断できたことになります。以下略(NHK)
海外の反応をまとめました。



・謝罪するには遅すぎるだろ。


・もっと早く認めるべきだったな...。


・世間は知っていたよ。少なくとも賢い人たちはね。


・俺たちが知らなかったとでも...。


・謝罪か。海に対して言えよ。


・それでも俺たちのことを陰謀論者と呼ぶのか?


・全く驚きはない。
この災害に関する真実をすべて知りたい。
ずっと知っていたことが隠されていた。


・それで誰が責任を取って、刑務所に行ったんだ?


・どうして東電の経営陣は牢屋の中に入っていないの?





・彼らはただ愚かなだけでなく、傲慢だよ。


・今でもこの日本人たちは信用できない。


・外国人のほとんどがこのことを知っていた。
東電がこれを認めたことに関する日本の世間の反応はどのようなものなのだろうか?


・チェルノブイリと同じことをしたみたいだね。
隠ぺいしようとした。


・一番酷いのは、今でも汚染水を海に捨てていることだ。
他国は全く気にしていないようだ。


・5年経ってもまだ続いている。


・迅速ではない人々だ。
避難区域の人々は、いまだに仮設住宅に住んでいる。


・原発の恐怖をますます煽ることになる。
それこそ気候変動を手助けするために必要なことと真逆のことだ。


https://goo.gl/105NkF,https://goo.gl/ORUwVR,http://goo.gl/oR2oZR,https://goo.gl/reRDdY,https://goo.gl/fqkg47
福島第二原発もメルトダウン一歩手前だったらしい(海外の反応)

福島の警戒区域で乗り捨てられた数十台の車の写真(海外の反応)

follow us in feedly