o1
 2016年2月29日、韓国の国会でテロ防止法案の本会議採決を防ぐため野党が始めた「フィリバスター(無制限討論)」が7日目となり、とうとう答弁者以外の議員が議場から誰もいなくなる事態が発生した。韓国・ニュース1などが伝えた。
23日午後7時6分から始まった野党によるフィリバスター。これまでに20人以上の議員が発言のバトンを引き継ぎ、27日午後11時6分には議論 時間が100時間を突破した。討論7日目となった29日には野党・国民の党の崔元植(チェ・ウォンシク)議員が答弁席に立ったが、なんとこの途中に議場か ら議員が誰もいなくなり、崔議員が独りぼっちで延々と演説を行う事態に。与党セヌリ党と最大野党「共に民主党」の議員総会の時間が重なったためだが、 ニュース1は空っぽの議席と人がまばらな傍聴席を前に崔議員が語り掛ける姿を写真で報じた。以下略 (レコードチャイナ)
海外の反応をまとめました。



・記事「ある議員はジョージ・オーウェルの1984年を取り出し、読み始めた
↑これは賢いと言わざるをえない。


・韓国人としては、この状況は良くないと思う。


・どうやら議事妨害の芸術の先生として、誰を雇うべきか共和党は知ることになったようだ。


・↑議事妨害をしているのはリベラル派であることに気付いているよな?


・↑共和党は議事妨害をする必要がない。
上院下院ともに多数を占めているからね。


・うお。彼らを称賛したい。


・議事妨害がどうして良いニュースなんだ?
議事妨害というのは、本質的に非民主主義的だろ。


・↑他の政府の行動を理由に自国民を監視することの方が非民主主義的だと思う。





・このテロ防止法で、韓国の国民と韓国に住む外国人の個人情報が漏洩することになる。
それと、NIS(韓国のCIA/KGBに相当)に強大な力を与えることになる。


・韓国の愛国者法だね。


・公の場で政府批判をして、抗議をした者は誰であれ警察が逮捕するようになるだろう。


・テロの脅威は妥当な懸念だろ。
でも、圧政の脅威も無視できない。


・選挙戦で負けたら、テッド・クルスが記録を破るさ。


・ テッド・クルスが嫉妬している。
今週、彼らは記録を取り戻すつもりだ。


・何を騒いているのか分からない。
アメリカでは、きちんとした原因とプロセス無しで、個人情報を侵害することを政府が憲法で禁じているが、それでも侵害しているよ。

https://goo.gl/NGyS4t,http://goo.gl/EIp9fy,https://goo.gl/S2jGMx

follow us in feedly