1w
セイコーファイブ(Seiko 5)は、日本の腕時計メーカーであるセイコーが製造・販売している腕時計のブランドのひとつ。1960年代以来長期にわたり生産が続いている。文字盤の盤面に「5」と数字を入れた盾形のエンブレムが飾られているのが目印で、このマークの入ったセイコー製腕時計はほぼすべて「ファイブ」シリーズの何らかのバリエーションと見てよい。中略 1969年のクォーツ時計の 登場とその後の急速なコストダウンによるクォーツ時計普及によって、日本国内での正規販売は行われなくなったが、日本国外では販売が続けられており、日本 国内にも逆輸入されている。日本国外向けとしては、電池供給等の面で制約の多い途上国市場で実用時計としての根強い需要があり、カレンダーの曜日表示は英語略語と、スペイン語(東南アジア、南米向け)、アラビア語(中東向け)等の組み合わせがみられる。仕向地の需要に合わせ、ケースや文字盤、ベルトとも極めて多彩なデザインが設定されているが、日常生活防水(3気圧防水)、自動巻き、デイ・デイト表示という基本は共通する。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。



・セイコーは本当に良い選択肢だ。


・数年前に買ったが、今でも動いている。


・ここで語られるほど良くはないが、60ドルなら素晴らしい価値がある。


・60ドルの腕時計で誰を感心させるかによるだろうな。


・日本製の腕時計をいくつか持っているが、素晴らしい。


・買った最初の年は気に入ったけど、それからはほとんど時間通りに動かなかった。


・自動巻腕時計のコレクションを始めるために、このシリーズを買った。


・↑ロレックスは試したか?


・俺はサブマリーナーから離れない。





・セイコー5を持っているが、落として壊れてしまった...。


・自動巻腕時計を始めるのに良い時計だと思う。
たしかマレーシアで装置を作っていたと思う。
一週間に一分くらい遅れがちだ。



・腕時計なんて誰がするんだよ?
コンパスを持ち歩く連中と同じ奴らか?


・ケータイが腕時計の仕事を奪った。


・腕時計が登場してからかなり時間が経つが、革新的なことは起きていない。
iPhoneのコピーであるApple Watchがあるが、力強くない。
腕時計は過去の良い遺物だが、本当のイノベーションはいつ起きるんだ?


・セイコーというブランド名だけで十分だ。
腕時計の販売をしているが、ほとんどセイコーかシチズンを売る。
腕時計に関しては、日本のこの2大メジャーだ。

http://goo.gl/ZMxXQF,https://goo.gl/XsHp7G

follow us in feedly