1a
華屋 與兵衛(はなや よへえ、1799年 - 1858年、小泉與兵衛花屋與兵衛とも)は、江戸時代の江戸前寿司の人物。江戸三鮨のうちの一つ「与兵衛寿司」を開業した。
霊岸島(東京都中央区にかつて存在した地名)生まれ。幼名は弥助(やすけ)。伝染病で両親を亡くす。<1824 年に華屋を開業。ワサビを使い、現在の寿司に非常に近いものを出したことから、一般には握り寿司の考案者とされる。他の業者と競い豪華な寿司を提供したことから、奢侈を禁じた天保の改革の際には他の寿司職人ともども投獄されている。明治時代に出版された書物には、与兵衛が投獄された原因はアナゴ寿司にあったと伝えている。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




・これほど素晴らしい食事を産み出した彼に神のご加護を。


・主が華屋與兵衛を祝福しますように。


・日本でドラマ化するべきだな。
日本の食べ物に関するドラマが好きだ。


・寿司を愛するすべての者に、「二郎は鮨の夢を見る」を推薦したい。
素晴らしいドキュメンタリーだ。


・東京にある江戸東京博物館に行ったことがある。
彼らは昔の寿司屋の屋台を再現している。
寿司は凄く巨大だった。
米も黄色かった。
起源から如何に変わったのか見ることが出来て良かったよ。


・なんだよ、寿司が食べたくなってきたじゃないか。


・朝食を食べたが、それでも腹が減っている。(ヨダレ)


・ほとんどのアメリカ人は、寿司といったら握り寿司よりも巻き寿司を想像するだろうな。





・俺が聞いた話とは違うな。


・寿司は古代中国の食べ物が元となっている点を日本人には教えるなよ。
彼らは怒るから。


・ハハハ、事実を捻じ曲げるなよ。
料理と忍者の達人であるリョウイチ・クーパーが寿司を発明したことを皆が知っている。
華屋與兵衛だと?ハハ、そいつはいいや。
何だよ?
どうして俺をそんな風に見るんだ?


・寿司の歴史は比較的短いようだね。
何千年にも及ぶ歴史があると思っていた。


・我々の知る寿司は、最近のものだが、納得がいくよ。
魚を生で食べる為には、市場に早く運んで、適切な温度に保てる進んだ効率性が必要だからね。


・この世で寿司を気持ち悪いと思うのは、俺だけのようだな...。


・彼はノーベル賞に値する。

https://goo.gl/C4WaTr,http://goo.gl/uBDkn0
ホリエモン「寿司職人になるための長年の修行は不要」(海外の反応)

寿司のガリは口直しの為にあるらしい(海外の反応)

follow us in feedly