1as
海外の反応をまとめました。





・俺は全く同じ場所に立ったことがある。
素晴らしい写真だね。


・これはとても貴重な写真かもしれない。
このスレも素晴らしい。


・スレ主の祖父はどちらか側にいたの?


・↑(スレ主)米海軍だよ。


スレ主の祖父は、質の悪いカメラで撮影したのか?
冗談はさておき、素晴らしい歴史の一部をシェアしてくれてありがとう。



・(スレ主)質が悪くてすまない。
祖母のパソコンでスキャンした。
1969年に祖父が亡くなってから、祖母がこの写真を所有していた。
祖母と両親と話した後、彼がこの写真を撮ったと私は確信している。
100%ではないけどね。


・ほとんどのスチル写真は、彼がテーブルに近づいてくる様子を写していない。
だから、この写真について博物館に知らせる価値があるかもしれない。


・↑(スレ主)兄とその件について調べている。
インディアナ州立博物館に知人がいて、eメールを送った。
彼らからの返事を待っている。
一番良い保存方法を探している。
誰と接触すれば良いか教えてくれるとありがたい。





・わあ!あんたは国宝を持っているな。
俺ならアメリカ議会図書館かスミソニアン博物館かどこかにコンタクトをとるよ。
素晴らしい。


・あれは裕仁か?


・君の祖父は戦艦ミズーリの乗組員だったのか?
それとも調印式の為に、その場にいただけか?


・↑(スレ主)分からない。彼の兵役について調べてみようと思う。


・素晴らしい。
私の祖父もあの場にいた。
戦艦タウナーで任務に就いていた。
船員の中には、彼と側近に唾を吐く者たちもいたそうだ。


・カナダの代表は間違った行に署名してしまった。
やったぜ、カナダ。
1

なお、9:25の調印式終了とともにアメリカ海軍機の編隊と陸軍航空軍のB-29爆撃機が祝賀飛行を行ったが、そのとき甲板ではカナダ代表が署名する欄を間違えたことによる4ヶ国代表の署名欄にずれが見つかり、正式文書として通用しないとして降伏文書の訂正がなされていた。

具体的には、連合国用と日本用の2通の文書のうち、日本用文書にカナダ代表のエル・コスグレーブ大佐が署名する際、自国の署名欄ではなく1段飛ばしたフランス代表団の欄に署名した。しかし、次の代表であるフランスのフィリップ・ルクレール大将はこれに気づかずオランダ代表の欄に署名、続くオランダのコンラート・ヘルフリッヒ大将は間違いには気づいたものの、マッカーサー元帥の指示に従い渋々ニュージーランド代表の欄に署名した。最後の署名となるニュージーランドのレナード・イシット少将もアメリカ側の指示に従い欄外に署名することとなり、結果的にカナダ代表の欄が空欄となった。(ウィキペディア)


・↑ハハ、これは面白い。
後に続く署名も横線で消して、どこの国の代表なのか書かないといけなかった。


・↑自分が書く場所をとられてしまったことに気付いた時のフィリップ・ルクレール大将の反応はどんな感じだったのだろう?


・これは素晴らしい。
歴史か君の手の中にある。

https://goo.gl/Shi6OJ,https://goo.gl/idG8Xj
(1945年)米戦艦ミズーリの上で行われた降伏文書調印式の写真(海外の反応)

降伏文書の調印翌日に東京のビルにアメリカ国旗を掲げる様子を捉えた写真(海外の反応)

follow us in feedly