121
(前略)放射能は人をとても感情的にする話題だ。どこまでが「安全」なのか、科学者の間でさえ激しい異論がある。しかし今では、放射線の危険をもう少し「理性的に」議論しようと呼びかける科学者が何人かいる。インペリアル・コレッジ・ロンドンのジェラルディン・トマス教授はその一人だ。放射線が人体に与える影響について、英国有数の研究者だ。英政府に助言するため年に何度か日本を訪れている。教授は、福島第一原発の周辺に住んでいた人たちの帰宅する権利を、強く訴えてきた。大熊町の中を私と歩きながら、トマス教授は、政府が支給する防護服とマスクは不要だと述べた。「戻っ ても安全だと、住民が納得しなくてはなりません。多くの人はもう別の場所で生活を築いていて、帰ってきたくないかもしれません。けれども放射線という意味 で言えば、私たちがいま浴びている量はとても少ないし、建物の中にいれば、屋外にいるよりも浴びる量はさらに少ない」ということは、世界中のマスコミがこの問題について誤って報道してきたのだろうか?「私 はそうだと思っています」と教授は言う。「大災害をもたらしたのは放射能ではありません。放射能に対する私たちの反応、ほかの人に伝えた恐怖、これは本当 に危険なんだと言ったことが、災害を作りました。本当に危険ではないし、少なくとも今と同じレベルの環境放射線量で暮らしているところは、世界中にたくさ んあります」。以下略(BBC)
海外の反応をまとめました。



・また始まった。
昔からある「みんなが過剰反応している。ただの放射線じゃないか」だろ。


・放射線は災害だよ。


・ガンと遺伝異常の可能性があるから、この問題に関して感情的すぎるということはないと思う。


・チェルノブイリの人たちに聞けばいいさ。
彼らがどんな病気に苦しんでいるかをね。


・↑あの病気は、原子炉が吹き飛んだ時に大気中に放出された毒性化合物によって引き起こされた。
放射性物質のせいではない。


・麻を植えると、放射性物質が除去されるぞ。


・土地が足りない貴重な場所では、もし安全に住める可能性があるのなら、とうに人が住んでいると思う。


・福島と放射能に関して、多くの人々と理性のある議論をするのは難しい。





・福島にすべての移民を送ることは出来ないのか?


・それでも原子力エネルギーは、我々が持つエネルギーの中で最もクリーンだ。
でも石油業界の圧力団体と恐怖を煽る連中が、違うことを言っている。


・↑もちろん、最も安全だしな。


・↑よりクリーンな選択肢として、風力・水力・太陽光発電があるじゃないか。


・↑ベースロード発電としては、最もクリーンな選択肢かもしれない。でも原発が最も安全だ。
ベースロード発電所(ベースロードはつでんしょ。英語: Base load power plant)は、電力供給網における一日の需要の最低水準であるベースロード(基礎負荷)の要件を継続的に満たす信頼性の高い発電が可能な発電所。堅実な電力システムの基礎となっている。(ウィキペディア)

・世界が一つになって、日本がこの悲劇を終える手伝いをするべきだと思う。
世界にとって危険だ。
太平洋は汚染されている。


・↑それはデタラメだ。
太平洋は広大すぎる。
アメリカに到達する頃には、悪い物質はある程度薄まる。
日本の周辺でさえ問題になっていない。

https://goo.gl/g1SG1j
福島の警戒区域で乗り捨てられた数十台の車の写真(海外の反応)

follow us in feedly