1234
九七式中戦車 チハ(きゅうななしきちゅうせんしゃ チハ)は、1930年代中後期に開発・採用された大日本帝国陸軍の中戦車。1938年(昭和13年)から1944年(昭和19年)にかけて総計2,123輌が生産され、九五式軽戦車 ハ号とともに第二次世界大戦における日本軍の主力戦車として使用された。以下略(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。


占守島は、千島列島北東端の島。ロシア名はシュムシュ島、英語表記はShumshu。サンフランシスコ条約締結以来、領有権の帰属は未確定であるが、ロシアの実効支配下にある。 元禄御国絵図にある地名「しいもし」や鳥居龍蔵の記録にある「シュモチ」はこの島に当たるとされる。 ウィキペディア
画像
1a

2a

3a

4a

5a


・素晴らしい写真だ。
本当に陰鬱だ。


・望まれない兵器を囲む活気に満ちた自然。
私が夢見る馴染みのある未来だ。


・むしろ軽戦車だと思う。


・もしこれがアメリカにあったら、落書きで覆われているよ。


・これは美しいな。
あの野原で戯れて遊びたい。
私が生まれ育ったハワイの丘を少し思いださせる。


・「戦後、生き残った戦車は農業に使用された
↑文字通りの軍民転換だな。気に入った。


・戦後にどうして日本の戦車が農業に使われたのか、誰か説明してくれるか?
文字通りに畑に種をまくのに使われたの?
それとも、トラクターにエンジンを利用したの?


・↑原理的に戦車はトラクターを元にしている。
だからトラクターのように、すきや他の器具を牽引したのだろう。


戦車で干し草を運んだり、畑を耕すことが想像できるか?





・こういうのは未だにヨーロッパ中に散らばっていて、自由に取ることができる?


・↑いくつかあるよ。
例えば、フランスのビヴィルとかね。



・水を貯めるられるくらい車台が形を保っていることに感心した。


・↑俺はスクラップとして回収されていないことに感心したよ。


・↑すごく人里離れた場所だからな。
島の人口は100人くらいしかいない。
運ぶ方がコストがかかる。


・日本の戦車は、ほとんど中国で設計された。
敵が対戦車の武器をほとんど持っていない中国でね。
太平洋の暑さを断熱するために、アスベストで裏打ちされているモデルもあった。


・もし俺があの野原を所有していたら、戦車に塗装や防錆剤を塗って、いつまでもその場所に置いておくよ。

https://goo.gl/uZUqqM,http://goo.gl/LbU0tT
(1937年)南京で鹵獲した中国軍の戦車に乗る日本兵たちの写真(海外の反応)

日本軍が硫黄島で火山灰から作ったダミー戦車(海外の反応)

第二次大戦中の日本とフランスの戦車のデザインを比較した画像(海外の反応)

follow us in feedly