os
中国の研究者らが、核融合発電によって人工太陽の開発に近づいたとしました。 イルナー通信によりますと、中国の研究者らは、中国科学院合肥物質科学研究院で実施されたこの研究で、電子温度5000万度で持続時間が最長のプラズマ放電を実現しました。 この実験では、太陽よりも3倍熱い水素ガスが生産されたということです。 この実験では、水素ガスを5000万度まで加熱し、102秒間維持することに成功しました。 中国の研究者が人工太陽を作ることに成功すれば、人類は化石燃料への依存を終わらせ、クリーンなエネルギーを無限に手にすることができるようになります。以下略(IRIBラジオ)
海外の反応をまとめました。



・「日出づる国」はどこだって?


・↑「人工太陽出づる国」はどこだって?


・ドクターオクトパスがスパイダーマンで人工太陽を作っていなかったか?


・5000万度だと?太陽核は2500万度だと思ったが?


・これって本当なの?ちょっと狂っているように聞こえる。
102秒間...?


・10億ドルの価値がある質問をしよう。
何かしらのエネルギーを得ることが出来るのか?


・↑現状では少し難しいだろう。
でも、こういった実験はエンジニアリングの能力を良くしてくれる。
それが遠い未来のエネルギー獲得に繋がる。


・これって核融合?そんな感じに聞こえるんだけど。


・これはプラズマを安定させて、維持させることを目的にした実験だ。
効率的に反応を起こさせるためのものではない。





・誰が支配者なのかを自然が人類に見せてくれるだろう。


・最近は何でも中国製なんだな。


・メイドインチャイナの太陽だと?



・↑実はそうなんだよ。
Sun(孫)は中国でとても一般的な名前だ。


・中国は生命すら偽る。


・それで、どのような副次的な害があるんだ?


・まずいな。爆発して、破壊するだろうな。
人口すらコントロール出来ないのに、どうやって太陽をコントロールするつもりなんだ?


・興味深い。こうやって俺たちは死ぬんだな。

http://goo.gl/h6tW78,https://goo.gl/p0q53K,https://goo.gl/W9bofA

follow us in feedly