00
アメリカ国内や日本を訪れる外国人が割り箸を割った後に、箸をこすり合せる・・・この間違ったテーブルマナーはSF映画の金字塔といわれるブレードランナーでハリソン・フォード演じるリック・デッカードが、割り箸をこするシーンの影響だと指摘されています。

海外の反応をまとめました。


動画



・へー、これは知らなかった。
今まで聞いたことが無かったよ。
割り箸をこすり合せる行為があることすら知らなかった。


・外国にいる白人が、些細な誤ったテーブルマナーに気付かないと思うか?
こいつは驚いた。


・↑LAって外国だっけ?


・2019年のLAには見えない。


・まぁまぁ、設定は日本ではなくLAだろ。


・レストランですらない。屋台じゃないか。
終末後の世界を描いたLAでは、こういう人が予想されるんだよ。


・待ってくれ!
彼は日本ではなく、アメリカにいるんだぞ。
アメリカの文化は違うんだよ。


・こすり合わせると楽しいから、俺はこすり合せる。


・どうして日本では、すべてが失礼だと見なされるんだ?


・割り箸は使い捨てだから、縁を滑らかにするためにこすり合せるものなんだよ。


・箸をこすり合せることは、ある種の侮辱だよ。
安っぽい箸を提供していると暗にほのめかしている。


・彼のことを擁護するとすれば、アメリカの使い捨ての箸の酷さに君たちは驚くだろう。
あれほど酷い品質の割り箸に日本で遭遇したことがない。






・同じことをするアジア人をたくさん見てきたぞ。
だから問題に感じない。


・俺の韓国人の奥さんは、箸をこすり合わせるぞ。
だからこれはアジア的なことだ。
悪いテーブルマナーとは関係ない。


・私は中国人と韓国人とつるんだ時にこれを学んだ。


・もしかしたら、中国の割り箸の品質が低いのかも。
中国の割り箸には、いつもささくれがある。


・俺はこすりたいからこするんだ。
俺をコントロールしようとするな。


・もしみんながブレードランナーからそれを学んだとしたら、ハリソン・フォードはどこからそれを学んだんだ?


・ブレードランナーは間違った日本語のアクセントも教えている。


・ウルヴァリンはそんなこと気にしない。


・映画からマナーを学んでいるとしたら、君は愚かだ。


・第一世界の問題だよな。


・箸をこすり合せる人間を今まで見たことがない。


・俺はただナイフとフォークを頼むことにする。

https://goo.gl/66nZ1M,http://goo.gl/Fs82ml
映画ブレードランナーで描かれた2019年のLAが日本文化と日系企業に支配されていた理由(海外の反応)

follow us in feedly