11
(スレ主)私のドイツ人の曽祖父は、1907~1911年に会社の代表として日本にいた。

海外の反応をまとめました。


画像

スマホユーザー向け画像リンク

・素晴らしい写真だ。
シェアしてくれてありがとう。


・↑(スレ主)もし興味がある人がいたら、まだ彼が日本にいた時の写真があるよ。
ホノルル時代の写真もあるよ。


・↑是非見たい。


・こう思うのは俺だけかもしれないが、君の曽祖母は際立って美しいな。


・↑(スレ主)私の母親が喜んでいる。


・↑俺も同じことを書こうとした。
目が美しいね。


・彼らは第二次大戦後も生き延びたか?


・↑(スレ主)曽祖父は「飢えと深い悲しみ」のせいで1945年に亡くなった。
曽祖母は62歳まで生きた。


・風立ちぬを見ると、似たようなキャラクターが出てくるよ。





・後から振り返ってみると、この写真はクールじゃないね。


・↑どうして?ドイツと日本の結びつき?


・↑明らかにそうだ。


・↑ナチス以前だから、私は構わないと思うが...。


・「curiosity store(骨董品店)」って何?


・↑(スレ主)これはドイツの単語だ。
ガラスやランプ,小さな家具や装飾品などを売る店だ。


・彼の経歴について、もっと説明してくれないか?
ホノルル時代のことも是非知りたい。


・↑(スレ主)彼は貿易会社に勤めていた。
日本支社の責任者だった。
面白い事実:彼は五人兄弟の中で一番若くて、唯一大学に進まなかった。
でも、裁判官・銀行員・弁護士になった兄弟たちよりも世界をたくさん見た。


・↑とても素晴らしい。

https://goo.gl/s3oPgD
(1868年)侍の集団に囲まれて集合写真に写るオランダ人(海外の反応)

follow us in feedly