3

3
ベン 黒木(ベンくろき、英語:Ben Kuroki、1917年5月16日 - 2015年9月1日)は、第二次世界大戦中に58回のミッションをこなしたアメリカ陸軍航空軍の軍人。陸軍航空軍の航空機搭乗員として太平洋地域の軍事作戦に加わったただ一人の日系アメリカ人だった。(ウィキペディア)
海外の反応をまとめました。




・第二次大戦中にフランクリン・ルーズベルトが日系アメリカ人を抑留したことは、我々の遺産の汚点であることを思い出せてくれる人だ。


・↑それなのに、お前ら全員がトランプに投票し、ヒスパニック系に対して同じことをしたがる。


・あれは戦時中だった。日本人でさえ恨んでいない。


・私は学校で日系人の収容所について学ばなかった。
LAにある日系アメリカ人の博物館で知った。


・これぞ究極のアメリカンドリームの実行だよ。
彼の物語を思い出すことは重要だ。
なぜなら、我々は中東での戦争を経験している。
同じ問題を経験しているイスラム教徒の米兵が、たくさんいる。


・彼が祖先の国を攻撃したのは、彼らが臆病な攻撃をしたからだ。


・第442連隊戦闘団は、史上最高の部隊の一つだ。
第442連隊戦闘団(だい442れんたいせんとうだん 英: The 442nd Regimental Combat Team)は、第二次世界大戦中のアメリカ陸軍が有した連隊規模の部隊である。士官などを除くほとんどの隊員が日系アメリカ人により構成されていた。ヨーロッパ戦線に投入され、枢軸国相手に勇戦敢闘した。その激闘ぶりはのべ死傷率314%(のべ死傷者数9,486人)という数字が示している。アメリカ合衆国史上もっとも多くの勲章を受けた部隊としても知られる。(ウィキペディア)

・彼の英雄的な行動と真の愛国精神に礼を言う。


・真のアメリカの英雄だ。
我々全員があなたに敬意を表する。





・彼を徴募した兵士は、彼の民族性を気にしなかったとどこかで読んだよ。
彼は徴募できる人数だけを気にしたらしい。
明らかに徴募した兵士は、人数に応じて金を支払われていたようだ。


・↑リクルーターは、一人当たり2ドル受け取っていた。


・日系アメリカ人など存在しない。
彼はアメリカ人だった。


・↑ああ、我々はみんなアメリカ人だ。
でも現実には、色々な形で違いを思い知らされる。


・第二次大戦中に日系アメリカ人は酷い目にあった。
彼は称えられて尊敬されるべきだ。


・私の祖父は、アメリカで生まれ育った日系人だ。
彼は朝鮮戦争で従軍した。


・アメリカ人の信頼を得るのは難しいことだったに違いない。


・自分が信じるものの為に戦った。
ベン黒木に神のご加護を。

https://goo.gl/xUJU04,https://goo.gl/SnCNY0,https://goo.gl/zJbXJO
戦艦大和に向かって、コーラの空き瓶を投げたパイロットがいたらしい(海外の反応)

(大空のサムライ)頭部に被弾し重傷を負いながらも帰還した日本のエースパイロット(海外の反応)

follow us in feedly