i
(CNN)米国の検察当局は27日までに、米海軍第7艦隊の作戦担当責任者代理も務めたことがある男性の大佐(49)が港湾関連サービスを提供する外国の業者に機密情報などを提供し、その見返りとして収賄していたことが発覚し、禁錮3年10カ月の判決が言い渡されたと発表した。業者は大佐へ売春婦を手配する他、豪華旅行や酒などの贈答でもてなしていたという。今回の事件では計10人が訴追され、うち9人が有罪を認めた。残る1人は公判待ちとなっている。大佐は訴追された被告の中で最高位の軍人となっている。同大佐が応じた司法取引の内容によると、海軍艦船の移動日程などを企業「グレン・ディフェンス・マリーン・アジア」の日本の事務所内で手渡したり、電子メールで直接知らせていたりしたという。以下略
海外の反応をまとめました。



・なんだかISISの戦略みたいに聞こえる。
よくやったぞ、大佐。
私にアメリカの出身であることを誇りに思わせてくれた。


・この件に取り組む一方で、リーマンショックの件でウォール街のCEOたちを牢獄にぶち込もう。


・マジかよ!俺は空母エイブラハム・リンカーンに乗っていた。
奇妙な感じがしてきた。


・こういうのは、アメリカの諜報機関の中では問題になっている。


・こんなの軍ではよくあることじゃないのか?


・本当かよ?そんな価値があったのか?
恥じるべきだね。


・これって反逆罪じゃないの?


・今の時代にこんなことをして捕まらないと思っていたのか?


・もっと大きな問題になるべきだと思うけど。





・罪がこれほど軽いことに驚いてしまった。
国と同胞の兵士を裏切った罪で、もっと長く服役するべきだ。


・↑彼は敵に情報を売っていたわけではない。
外国の防衛システムの請負業者に情報を売っていた。
収賄だが、反逆罪ではない。
妥当な刑だと思う。


・国家機密に被害を与えたかもしれないのに4年以下?
彼はラッキーだね。


・そして、我々は「テロリスト」の心配をしないといけなくなる。


・アメリカはISISのことを心配しているが、自国民の心配をした方が良いと思う。


・「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」で、このエピソードが放送されるのが街通し。


・外国の請負業者に機密情報を提供することは、単なる収賄スキャンダルよりも反逆罪のスキャンダルだと思う。
でも業者選びが意図だったのだろう。

https://goo.gl/10DrHN,https://goo.gl/3fYykw,https://goo.gl/PFWUmv

follow us in feedly