y
[東京 28日 ロイター] - NTTデータ<9613.T>は28日、米デルのITサービス関連部門を買収することで合意したと正式発表した。買収額は30億5500万ドル(1ドル113.40円換算で約3460億円)。買収により、北米事業を拡大するとともに、クラウドサービスやアウトソーシングサービスを強化する。 買収するのはデルシステムズとデルテクノロジー・アンド・ソリューションズ、デルサービシスの3社とデルグループの北米を中心としたITサービス関 連事業。デルのサービス部門は北米地域を中心にクラウドサービスやアプリケーション関連サービス、アウトソーシングサービスなどを提供しており、ヘルスケ アや製造、サービス業、金融機関など幅広い分野の顧客を抱えている。買収部門の2016年1月期の売上高は28億2600万ドル(同約3200億円)。以下略
海外の反応をまとめました。




・安らかに眠れ、デル。


・↑もしかしたら、顧客回線が良くなるかも。
彼らのサーバー,モニター,ビジネス用のデスクトップを本当に気に入っていた。
すべてが改善する様子を見たい。


・↑彼らの新しいデスクトップは、ここしばらく俺が使用してきたWindowsパソコンの中でベストだ。
かなり感心したよ。


・Dellは今でもパソコンを作っているのか?
何年も前に撤退したと思っていた。


・↑彼らのサーバーとデスクトップは最高だぞ。


・DellはHPよりもまともなパソコンを造る。
いずれにせよ、すべて中国製だが。


・取り急ぎご連絡。
Dellのすべてのサービスを売るわけじゃない。
以前、ペローだった部門だけだ。
みんなが想像するよりもずっと小さな案件だよ。


・↑「小さい」かどうかは確信が持てない。
私はDellの中のペローシステムの部門で働いているから、先入観があるのかもしれない。


・この買収はみんながDellと聞いて思い浮かべることには影響を与えないよ。
彼らはIT部門を売却しただけだ。
同様に買い手のNTTデータも通信企業の子会社だ。





・アジア人たちが支配しようとしている!


・NTTはどうして北米市場に進出しようとしているのだろうか?


・Dellはこんなことをする必要があるのか?
IT/コンピュータ市場でニッチを失ってしまうぞ。
本当に悲しい出来事だ。


・とても利益率の低い部門を買収するために、利益率の高い部門を売却するのか?


・Dellが転落の道を歩み始めた。


・アメリカ人のIT市場の雇用にさよならを言え。
Dellに残っていたらの話だが。


・アメリカは企業を保つことが出来ないのか?
なんだか国全体を売っているように思える。


・これは起こりそうなことだったし、既に起きた。
私はペローシステムに勤めていたから、合併を目撃した。
元同僚たちの幸運を祈るよ。


・両者にとって魅力のある取引のようだ。
デルの関連企業の幸運を祈ろう。

https://goo.gl/leyCG7,https://goo.gl/eUAM0a,https://goo.gl/7WVXJG,https://goo.gl/F7iLdF
アサヒが欧州ビール4社を約3300億円で買収へ(海外の反応)

follow us in feedly