5
Twitterユーザーの古谷振一さんの投稿している画像が、とてつもない完成度と話題です。一見、芸能人の白黒写真のようにしか見えないのですが、なんと全て鉛筆画。しかも、わずか2~3日に1枚のペースで描き上げています。
 肌や髪の毛の質感がとても鉛筆とは思えほどリアルで、このクオリティーの絵をわずか数日で仕上げられるのは理解が追い付きません。以下略(ねとらぼ)
海外の反応をまとめました。



ツイート




・彼女の目の中の影...。


・これは一体どんな魔法なんだ?


・この世界には信じられないくらいの才能を持つ人たちがいるんだね。


・気に入ったよ。本当に才能のある男だ。


動画を見たけど、これは魔法だと確信している。



彼がこれほど詳細に書くために、どれくらい巨大なキャンバスが必要になるのだろうか?


・↑動画を見れば、彼の手と鉛筆が見られる。
それで大きさがどれくらいか分かるだろう。


・↑動画を見ろよ。A3のようだ。





・もちろんだよ。
写真をコピーすることが、芸術表現の最高の形であるならね。


・技術面では感心するが、何も感じない。
これを思い出すことはないし、考えることもないし、友達に教えることもない。
芸術とは、技術的に素晴らしい絵とは違うと思う。


・こんなのつまらないね。
鉛筆画ではなく、鉛筆コピーだよ。


・↑絵を描かない者としては、彼が鉛筆で成し遂げたことは本当に難しいことだ。
最高のものではないかもしれないが、本当に技術がある。


・素晴らしいし、感心する。
でも技術的な特徴と取り除けば、残るのは鉛筆による完璧なコピーだけだ。


・↑哲学的には、次のような疑問が生まれる。
「彼が写真ではなく生身のモデルを使っていたら、より感心するか?
それとも、より感心しないだろうか?
もしそうならば理由は?」


・これに芸術的な価値があるかどうかという議論は置いといて、彼がこのような写真みたいなリアリズムをどうやって成し遂げたのか是非知りたい。

https://goo.gl/BBHKfD,http://goo.gl/02CytZ
日本人が制作した女子高生のCGに世界が驚愕(海外の反応)

follow us in feedly